[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子も尊敬、西郷真央が示した抜群のマネジメント力 現場で衝撃受けた20歳の凄み

22日まで開催された国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスは、西郷真央(島津製作所)の優勝で幕を閉じた。西郷は直近2週連続予選落ちだったが、師匠・尾崎将司によるスイング修正でショットが復調し、ツアー史上最速の出場10戦5勝を達成。だが、何より光ったのは、コースマネジメントだった。状況に応じ、ボールをグリーン手前に置く選択ができる20歳。その凄みを示した4日間だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

トロフィーを手に笑顔を見せる西郷真央【写真:Getty Images】
トロフィーを手に笑顔を見せる西郷真央【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディスで今季5勝目

 22日まで開催された国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスは、西郷真央(島津製作所)の優勝で幕を閉じた。西郷は直近2週連続予選落ちだったが、師匠・尾崎将司によるスイング修正でショットが復調し、ツアー史上最速の出場10戦5勝を達成。だが、何より光ったのは、コースマネジメントだった。状況に応じ、ボールをグリーン手前に置く選択ができる20歳。その凄みを示した4日間だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 大会第2日のラウンド後、西郷の発した言葉に衝撃を受けた。

「前半はショットが良かったです。ただ、後半(全てパー)はバーディーチャンスにつけられませんでした。グリーンの付近だけ違う風が吹いていたりしたので、グリーンの手前にボールを置くこともしました。それはマネジメントとして良かったです」

 敢えてグリーンに乗せない選択……。確認のため、「その狙いを教えてください」と質問すると、西郷はこう返した。

「風がどっちで吹いているか微妙になって、(手前か突っ込むかで)勝負をしないといけない2択の時は、手前に置くというジャッジです。なので、今日はそこからアプローチ、寄せワンが多かったですね」

 西郷はグリーン付近の風を読む方法として、「ピンフラッグと周辺の木々を見ています」と話している。それを習慣づけながらも、「読み切れない」時は、「寄せワンのパーでいい」と割り切る。ただ、この判断ができるのは、アプローチ、パットへの絶対的な自信があるから。数多くのプロゴルファーを取材してきたが、ここまでのコメントは聞いたことはない。

 くしくも大会初日、渋野日向子はピンが奥にあるグリーンへのショットをオーバーさせ、ボギーにしたことを悔やんでいる。「(グリーンの)奥に外しちゃいけんのに外しました。『ピンの手前10メートルでもいい』という気持ちがなかなか持てなかった。欲に負けました」。第2日も、同じミスをして「クラブ選択を間違えました。『何回、同じことをやるんだよ』と思いましたし、切り替えるのに時間がかかりました」と言った。

 西郷のプレーについて感想を問われた渋野は、「去年から『何で勝っていないの』と思うくらい強い選手ですし、1回勝ったらナンボでも勝つと思っていました。私も最終的には、フェアウェーキープ率もパーオン率も高い西郷さんのようなゴルフをしたいと思っています」と返しており、一目置かれている。

 西郷自身は優勝会見で、スイング動画を日々、スマートフォンで撮って保存し、気になった点をメモしていることを明かした。「マネジメントに関するメモ」についても、「プロになって1年目は考え方が未熟だったので、攻め方や風が吹いた時の対応などをメモしていました」と言った。文字通り、努力の賜物だ。

 師匠の尾崎は西郷について、「ゴルフ脳はトップ」と表現しているが、正直、「ここまで考えているのか」「こんなこともできるのか」と感じさせられた。全米女子オープン(6月2~5日)を皮切りにした初の海外挑戦でも、西郷の力が存分に発揮されることを期待する。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集