[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に150号献上、即座に悔しがった相手左腕「あの一発で試合を始めたくなかった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で日米通算150号となる9号先頭打者本塁打を放った。6試合ぶりの一発は今季最長の135メートル弾。相手先発のコール・アービンは、大谷の一発に悔しさを顕わに。試合後には「あの一発で試合を始めたくはなかったというのは明らか」とコメントしている。

先頭打者本塁打を放ち、一塁へ向かうエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
先頭打者本塁打を放ち、一塁へ向かうエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦で9号先頭打者本塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で日米通算150号となる9号先頭打者本塁打を放った。6試合ぶりの一発は今季最長の135メートル弾。相手先発のコール・アービンは、大谷の一発に悔しさを顕わに。試合後には「あの一発で試合を始めたくはなかったというのは明らか」とコメントしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 打たれたアービンは振り返るまでもなく、柵越えを確信していた。初回先頭で大谷と対戦。2球目の甘いカーブを完璧に捉えられた。中越えへ飛距離443フィート(約135メートル)の特大9号ソロ。スイングの直後に、マウンド上のアービンは左手で自分のもものあたりを叩き、悔しさを露わにしていた。

 この試合は6回8安打3失点で、2敗目(2勝)を喫したアービン。米紙「サンフランシスコ・クロニクル」は、「故障者リストから復帰したアービンを鋭い打球が出迎えた。彼の2球目をショウヘイ・オオタニは443フィートかっ飛ばし、エンゼルスタジアムのセンター方向に運んだ」と大谷の一発を記事で伝え、アービンのコメントも紹介している。

「あの一発で試合を始めたくはなかったというのは明らか」と大谷の一撃を振り返っているアービン。ただ、復帰後の初登板で6回を投げきれたことに関しては「最後の方のイニングは力強く投げられたと感じている」などと手応えも感じているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集