[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

35歳の諸見里しのぶに感じた「復活」の可能性 このままクラブを置くのはもったいない

女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)は6日、西郷真央(島津製作所)のツアー初優勝で終了した。昨季、2位7度の20歳が壁を突破し、今後の活躍も抱かせた。一方で、35歳の諸見里しのぶ(ダイキン工業)は第2日を終えた後、予選落ちを悔しがった。2019年限りでツアーから引退状態だが、ホステスプロとして昨年大会に続く推薦出場。通算4オーバーでカットラインに2打届かなかった。それでも、随所で好ショットを披露。試合を重ねていけば、戦える雰囲気も感じさせた。彼女は今、何を思うのか――。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

推薦出場した今季開幕戦で通算4オーバーの予選落ちに終わった諸見里しのぶ【写真:Getty Images】
推薦出場した今季開幕戦で通算4オーバーの予選落ちに終わった諸見里しのぶ【写真:Getty Images】

推薦出場した今季開幕戦で予選通過にあと一歩

 女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)は6日、西郷真央(島津製作所)のツアー初優勝で終了した。昨季、2位7度の20歳が壁を突破し、今後の活躍も抱かせた。一方で、35歳の諸見里しのぶ(ダイキン工業)は第2日を終えた後、予選落ちを悔しがった。2019年限りでツアーから引退状態だが、ホステスプロとして昨年大会に続く推薦出場。通算4オーバーでカットラインに2打届かなかった。それでも、随所で好ショットを披露。試合を重ねていけば、戦える雰囲気も感じさせた。彼女は今、何を思うのか――。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 第2日の最終9番パー4。約20ヤードの第3打が入らなかった時点で、諸見里の予選落ちが決まった。アテストを終えると、正直な思いを口にした。

「予選通過の可能性がすごくあったのに、流れに乗ることができませんでした。今の一番の気持ちは、『悔しい』です。特に今日(第2日)は風が強い中、昨日(第1日)よりもショットは良くなっていて、グリーンを捉えることも多かったのですが、グリーン上で苦戦しました」

 言葉通り、第2日はパーオン率72.22%だったが、パット数は35。初日を終えて41位、第2日も残り4ホールまでは予選通過圏内だったが、6番をボギーとし、9番では残り2メートルのパーパットを決められなかった。大会前日は、「この3か月間、ゴルフに向き合ってきました。自分のスイングが分かるようになってきました。予選を通過して、4日間戦いたいです」と話していたが……。

 ツアーを離れる原因となった第4肋軟骨(ろくなんこつ)の炎症はいまだにあり、「時々、痛くなります」と話した。だが、この2年でステップ・アップ・ツアーのコースセッティングを担当。レギュラーツアーのテレビ解説を経験するなどで、「グリーンの傾斜を足の裏でも繊細に感じられるようになりました。『ああ、現役の時にできていたら』と思います」とも話していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集