[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本代表・ホーバス監督の言葉に自信 B1信州、司令塔・熊谷航が見せた成長力

バスケットボールBリーグの信州ブレイブウォリアーズは、B1に昇格して2年目のクラブ。勝久マイケルヘッドコーチ(HC)の下で、B2から積み上げてきたチームだ。3月5日に川崎ブレイブサンダースとの連戦を終えた段階で、18勝19敗の戦績を残している。

信州ブレイブウォリアーズの熊谷航【写真:SHINSHU BRAVE WARRIORS】
信州ブレイブウォリアーズの熊谷航【写真:SHINSHU BRAVE WARRIORS】

今季信州に加入、4日の強豪・川崎戦では勝利の立役者に

 バスケットボールBリーグの信州ブレイブウォリアーズは、B1に昇格して2年目のクラブ。勝久マイケルヘッドコーチ(HC)の下で、B2から積み上げてきたチームだ。3月5日に川崎ブレイブサンダースとの連戦を終えた段階で、18勝19敗の戦績を残している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4日には昨季の天皇杯王者・川崎を84-77で下している。信州が千葉ジェッツ、宇都宮ブレックス、アルバルク東京、そして川崎といった東地区の上位を“食う”ことは、もはやそこまでの驚きではない。試合後の記者会見も、喜びでなく反省のニュアンスが強かった。

 勝久HCはこう述べていた。

「試合を通してラン(連続得点)のゲームでした。久しぶりの試合ということもあるのか、オフェンスでもディフェンスでも一個ミスをしてしまうと呆然としてしまい、セカンドチャンスを簡単にあげたり、ミスが続いていた」

 また東地区上位チームからの今季初勝利となったが、そのことについて問われた熊谷航も次のように答えている。

「ヒース選手がいないのは、川崎さんにとってはかなり影響が大きいこと。自信というよりは気を引き締めて、(ヒースが出場停止から戻ってくる)明日の対策をやりたい」

 4日の試合での信州は、第1クォーターに10点のリードを奪ったものの、そこから“追いつかれて突き放す”ような波を繰り返す展開だった。中断明けで試合間隔の空いた事情があったにせよ、確かにチーム戦術の遂行はかなり乱れた試合だった。

 とはいえ第4クォーターに逆転され、突き放されかかる悪い流れを断ち切った終盤の試合運びは、信州の成長の証でもあるだろう。

 近年の信州は良い意味で人材の出入りが少ない。長野県出身の三ツ井利也は在籍6シーズン目で、アンソニー・マクヘンリーが5シーズン目だ。そして勝久HC、ウェイン・マーシャル、栗原ルイス、大崎裕太は今季が4シーズン目。ポイントガード(PG)の西山達哉(3季目)も含めて、B2時代からのメンバーがB1でも引き続きチームに貢献している。

 一方で今季は熊谷、岡田侑大、前田怜緒ら新加入組がステップアップを見せている。熊谷は25歳で、173センチ・70キロのPGだ。大東文化大を経て加入したシーホース三河では一度掴んだレギュラーの座を失う悔しい経験もした。しかし信州では1試合平均26.5分の出場時間を得て9.2得点、4.4アシストを記録している。

 熊谷は言う。

「かなり試合に出させていただいて、大事な場面でも使われているので、本当に感謝しています。チームとしても(前田)怜緒だったり、オカ(岡田侑大)だったり、移籍してきた選手が新しいことを覚えながらやっています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集