[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

騒動から6か月、因縁の再戦に元世界王者が注目 拳四朗は「大きくプランを変えてくる」

ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載「元世界王者のボクシング解体新書」。今回は3月の再戦が決まったWBC世界ライトフライ級タイトルマッチについて、両者の視点から勝負を分けるポイントに注目している。

木村悠氏が注目する、両者の視点から見た勝負を分ける再戦のポイントとは【写真:アフロ】
木村悠氏が注目する、両者の視点から見た勝負を分ける再戦のポイントとは【写真:アフロ】

連載「元世界王者のボクシング解体新書」:物議を醸したバッティング騒動と再戦の難しさ

 ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載「元世界王者のボクシング解体新書」。今回は3月の再戦が決まったWBC世界ライトフライ級タイトルマッチについて、両者の視点から勝負を分けるポイントに注目している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

   ◇   ◇   ◇

 ボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチの開催発表会見が、24日に大阪市内で行われた。試合は3月19日に京都市体育館で、WBC世界ライトフライ級王者・矢吹正道(29歳/緑)と、前王者で同級1位・寺地拳四朗(30歳/BMB)が対戦。両者は昨年の9月22日に戦い、矢吹が前王者の拳四朗を10回TKOで下しベルトを奪取した。しかし、この試合について拳四朗陣営が「故意のバッティング」があったと訴えたことで、WBCから異例のダイレクトリマッチ指令が出され、今回の再戦が決定した。

 物議を醸したバッティング騒動は、なぜ起こったのか。

 それは両者の「距離」にある。普段は遠距離で戦っている拳四朗が近距離で戦っていた。そして、この距離こそが矢吹の戦術だった。

 試合の前半では、矢吹が拳四朗の打ち終わりにパンチを合わせてペースを握った。4ラウンド終了後に行われる公開採点では、2-0とリード。世界タイトルを8度防衛し、圧倒的な強さを誇っていた拳四朗には、知らない間に油断があったのかもしれない。

 互角の展開になると、王者側にポイントが入りやすい傾向もある。しかし、前回の試合では相手側にポイントが流れたのが誤算だっただろう。

 消極的な姿勢が評価されなかった拳四朗は、距離を詰めて前に出た。元々はヒット&アウェイで絶妙な距離を保ち戦うが、自分の不得意な距離に行かざるを得なかった。

 矢吹は試合後のインタビューでも「拳四朗の当てにこないジャブに惑わされない、反応しない。踏み込んできたパンチにだけ対応する」と話していた。拳四朗の動きを分析して入念に作戦を練っていたようだ。スパーリングパートナーも拳四朗と似ている選手を指名し、この試合に勝つために万全の対策で臨んだ。

 9ラウンドには、問題となったバッティングが起きたが、それまでペースを握っていたのは矢吹だった。そして10ラウンド、拳四朗が勝負を決めるような猛攻を見せたが、打ち合いに分がある矢吹にTKO負けを喫した。

1 2

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集