[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

騒動から6か月、因縁の再戦に元世界王者が注目 拳四朗は「大きくプランを変えてくる」

お互いにとって「絶対に負けられない試合」

 拳四朗は今回の会見で、「負ける試合ではなかった。いつも通りの戦い方をしたら絶対に勝てる相手。しっかりと決着をつけたい」と話している。今回は絶対に落とせない試合になるため、気合いも十分だろう。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 一方、矢吹は「相手は自分より総合力が高い選手。前回同様、チャレンジャー精神で戦ってしっかり防衛する。1つ、2つ戦術を変えてくると思うので対応していく。後半勝負になるのでスタミナが鍵になる」と話している。

 ボクサーにとって再戦は特別だ。負けたほうは戦い方を変えて臨むが、勝ったほうはそのままの戦い方で臨むケースが多い。お互い手の内が分かっているため、拳四朗は大きくプランを変えてくるだろう。

 拳四朗は前回の試合を振り返り、「4ラウンドまでのポイントが(ジャッジに)取ってもらえていなかったので、手数を増やして、いつも通りの戦いをすれば絶対に勝てる」と話していた。

 私もダイレクトリマッチの経験はあるが、ボクサーとして同じ選手に再び負けることはプライドが許さない。負けた試合を振り返り、どう戦うか、何が敗戦に繋がったのかを分析し、万全な対策を講じる。

 拳四朗も前回の試合を反省し、前半からポイントを取りに行くだろう。積極的に前に出る拳四朗に対し、矢吹がどのように迎え撃つのかがポイントになる。

 拳四朗は世界王者に返り咲き、自らの力を証明しなければならない。矢吹はバッティング騒動で一部からバッシングを受け、プライドを大きく傷つけられた。お互いにとって絶対に負けられない試合となり、前回の試合とはまた違った激闘が予想される。

 この階級には日本人王者として、WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(28歳/ワタナベ)もいる。勝利した先には、京口との対戦も見据えることになるはずだ。日本人選手が多いこの階級の勝敗の行方に注目したい。

(木村 悠 / Yu Kimura)

1 2

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集