[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上・田中希実が持つ「強いランナー」の定義 今、明かす感動を呼んだ五輪決勝の真実

東京五輪陸上女子1500メートルで日本人初の8位入賞を果たした田中希実(豊田自動織機TC)が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。全3回にわたってお送りする第1回は、自身が持つ「強いランナー」の定義について。同種目では日本人初の五輪出場。トラックに立つだけでも快挙だったが、決勝まで進み、世界の猛者たちと勇敢に戦う姿が感動を呼んだ。

東京五輪女子1500m決勝を終えた直後の田中希実、あの走りには何が詰まっているのか【写真:Getty Images】
東京五輪女子1500m決勝を終えた直後の田中希実、あの走りには何が詰まっているのか【写真:Getty Images】

田中希実の独占インタビュー第1回

 東京五輪陸上女子1500メートルで日本人初の8位入賞を果たした田中希実(豊田自動織機TC)が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。全3回にわたってお送りする第1回は、自身が持つ「強いランナー」の定義について。同種目では日本人初の五輪出場。トラックに立つだけでも快挙だったが、決勝まで進み、世界の猛者たちと勇敢に戦う姿が感動を呼んだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 153センチの小さな体で表現するその走りには、一体何が詰まっているのか。レース後にトラックに向かい、叫びながらやった一礼に込めた想いとは。ストイックに「強さ」を求める22歳には壮大な理想像があった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

「私はもっと強くなりたい。何十年先も記憶に残る選手に」。貪欲な胸の内を体現した3分59秒95のレース。昨夏、ファンは一人の走りに惹き込まれた。

 8月6日、東京五輪陸上女子1500メートル決勝。田中はスタート直後に2番手につけ、レースをつくろうと前に出た。全体がハイペースになり、すぐに2019年世界選手権女王シファン・ハッサン(オランダ)が先頭に上がってきた。準決勝までと異なる展開。153センチのひと際小さな体は集団中央にのみ込まれ、5番手に後退した。

 前も後ろも、右も左も世界の強敵。物怖じなんてしない。細かく、かつ強烈な駆け引きを振り払いながら最後まで食らいついた。世界との距離が遠かった種目で五輪8位入賞の快挙。9位との差はたった0秒17だった。

「最高峰の舞台で無我夢中になれたら結果が出た。リミッターも外れて夢中だった。今となっては本当に夢の中にいるみたい。ずっとフワフワしている感じでした」

 フィニッシュ直後に両膝を崩し、四つん這いでトラックにへばりついた。重い体を裏返し、失った酸素を取り戻そうと全身で呼吸する。電光掲示板を見上げた汗だくの顔には少しの充実感。今、持っているものは使い果たした。

 無観客の国立競技場。テレビ画面越しでも、彼女の熱は電波に乗って伝わった。

 快挙から4か月以上が経った年末、がむしゃらになった大舞台を振り返った。2021年、日本陸上競技連盟がファン投票を募った「あなたの心を最も熱くした選手」で1位に選出。あの走りは、なぜ人の心を揺さぶったのか。自分では言葉にしにくいことを謙遜しながら答えてくれた。

「私もオリンピックを楽しんでいました。人が感動するには、無我夢中になった姿から人間らしさを見つけられたり、自分と共通する部分を重ねたりするのだと思います。逆に『自分にはできない部分を体現してくれている』というのもあって感動するのかなって。誰しも無我夢中になれるものがあると思うんですけど、それを世界の舞台でやったことでいろいろな方の心が凄く動いた部分なのかなと思います」

 感動を与えよう、なんて思っちゃいない。予選で日本記録を塗り替えると、準決勝でも日本女子初の3分台突入となる3分59秒19でさらに記録を更新した。世界で13人しか立てない決勝を走破。快挙のレース直後、田中のあるシーンが話題となった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集