[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔の人生は「漫画や小説にもない物語」 恩師が確信する“かなだい”の輝く未来

全日本後に伝えた「来年も続けてほしい」という言葉

――まず急きょ、“かなだい”のコーチを引き受けた経緯を教えてください。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「マリーナが来られないことになって、彼らだけでリンクに出て行くのは辛いだろう、というので引き受けました。リンクサイドに立つだけなら、私と(村元のシングル時代のコーチである)濱田(美栄)先生が適役だろうな、って。同じ(アイス)ダンスの先生が立つと、難しい問題が起きるかもしれなかったので。ダンスの先生から見たら、シングルの先生が何を偉そうに、と思われたかもしれませんけど」

――練習中、水を渡すタイミングが阿吽の呼吸でした。

「(濱田先生と)私たちはとにかくティッシュと水持ちだって(笑)。大輔をずっと見てきたので、“ああ、ここは水だな”とは分かるので。その呼吸は良かったと思いますけど」

――“かなだい”は日本人歴代最高得点を叩き出したワルシャワ杯の転戦を挟み、日本での隔離もあり、不利な戦いでした。リズムダンスでは不測の転倒があって……。直後、どんな話をしたのでしょう?

「うーん、『難しいもんだね、アイスダンス』って。今回は2人とも緊張していたはずですよ。ズームを使ったレッスンでは不安が残りますし、私たちは(ダンスは)分からへん素人やしね。それに大輔は外に言っていませんが、靴が合わなかったみたいで、最後まで調整していたんですよ。今回は、それも上手くいかなかった要因かな」

――高橋選手に至ってはシングルから転向2年目、まるで別の競技をするなか、実力で日本のトップまで来ました。

「大輔は初めての競技だけに、本当にいろんなことを短期間で経験していました。去年の全日本もそうだったけど、いくつかアクシデントがあって。『全部、経験しておけ』って言われているんだろうなって思っています。それを乗り越えてきただけに(五輪選考に関しては)残念な気持ちもありますが、これからの糧になるはずです」

――フリーダンスは見事に1位も、北京五輪代表を逃した後、どんな声をかけましたか?

「『来年も続けてほしい』っていうのは伝えました。今、やっとアイスダンスが上手になってきたというか、土台ができた気がしたので。これからもっと上手になるはずだから。4年後(の五輪)っていうのは先が長いし、分からないけど、来年は続けてほしいなって」

1 2 3

長光歌子

関大アイススケート部コーチ 
1951年生まれ、兵庫県出身。66年の全日本ジュニア選手権で優勝するなど選手として実績を残すと、引退後は指導者として多くのスケーターを育てる。高橋大輔を中学時代から指導し、2010年バンクーバー五輪で銅メダル、同年の世界選手権で優勝に導いた。フィギュアスケートをこよなく愛し、現在は関大アイススケート部コーチを務める。

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集