[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

医大駅伝部を4年で全国に導いた40歳監督 コーヒー店経営の異色キャリアを歩んだ理由

埼玉医科大学グループ男子駅伝部が昨年元日、創部4年にして第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場し、36チーム中20位と大健闘した。2017年に部員5人で立ち上げ、短期間でひとかどのチームに成長させたのが、異色の経歴を持つ40歳の監督、柴田純一だ。実業団陸上界に登場した風雲児の横顔を紹介する。(取材・文=河野 正)

埼玉医大グループ男子駅伝部を率いる柴田純一監督【写真:河野正】
埼玉医大グループ男子駅伝部を率いる柴田純一監督【写真:河野正】

埼玉医大G・柴田純一監督インタビュー第1回、紆余曲折を経て辿り着いた指導者の道

 埼玉医科大学グループ男子駅伝部が昨年元日、創部4年にして第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場し、36チーム中20位と大健闘した。2017年に部員5人で立ち上げ、短期間でひとかどのチームに成長させたのが、異色の経歴を持つ40歳の監督、柴田純一だ。実業団陸上界に登場した風雲児の横顔を紹介する。(取材・文=河野 正)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 生来の韋駄天である。小中学校と軟式野球に熱中した柴田は、小さい頃から快足で鳴らし、軟式野球少年団チームの駅伝大会にはエース格として出場。これが陸上界に入るきっかけとなる。

 埼玉県の入間市立野田中学校では軟式野球部に所属する一方、毎日1人で陸上の早朝練習に励むほど、走ることがルーティンワークになっていた。同校には現在も陸上部はないのだが、1996年に静岡市の草薙陸上競技場で開催された全日本中学校陸上選手権の男子3000メートルに出場している。埼玉の中学生の中では、長距離分野の第一人者でもあった。

“陸上部があればさらに強くなっていたのでは?”と水を向けると、「いいえ、自分で自由に考えて練習していたのが良かったんだと思います。監督になった今の指導方針もそうですが、受け身ではなくてなんでも自分からやることが大切ですよね」との持論を述べる。

 進路については、全国高校駅伝に4度出場した飯能高校など県内の複数の名門校から誘われたが、94年の全国高校駅伝で13位に入った狭山ヶ丘高校に入学。在学中は埼玉栄高校が強く、全国高校駅伝にもインターハイにも出られなかったが、99年1月にあった第4回全国都道府県対抗男子駅伝の埼玉代表に選ばれた。1、4、5区が高校生区間で、柴田は初の全国大会に胸を躍らせながら広島市に向かったのだが……。

「実業団や大学の有名な選手が大勢いて、試合が待ち遠しかった。でも本番になったらほかの高校生が起用されて自分は走れなかったんです。本当に悔しかった」

 部屋でへこんでいた柴田に詫びの電話を入れてきたのが埼玉チームの青葉昌幸監督で、当時の大東文化大学陸上部監督だ。柴田は「この悔しさを大東大で晴らそう」と広島滞在中に進学先を決めていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集