[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山縣亮太、9秒95に見た記者たちの好感 「何とかしてあげて」と天に願い、吹いた神風

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」を配信してきた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第28回は、6月に陸上男子100メートルで日本記録9秒95を出した山縣亮太(29歳、セイコー)が登場する。歴史を塗り替えた瞬間に取材エリアも熱狂。報道陣に好感を持たれていると感じた瞬間だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

6月の布勢スプリントで9秒95をマークし、記者の質問に笑顔を咲かせた山縣亮太【写真:奥井隆史】
6月の布勢スプリントで9秒95をマークし、記者の質問に笑顔を咲かせた山縣亮太【写真:奥井隆史】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第28回は陸上・山縣亮太

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」を配信してきた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第28回は、6月に陸上男子100メートルで日本記録9秒95を出した山縣亮太(29歳、セイコー)が登場する。歴史を塗り替えた瞬間に取材エリアも熱狂。報道陣に好感を持たれていると感じた瞬間だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 衝撃の日本記録が生まれる3時間前だった。6月6日、布勢スプリント(鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場)の男子100メートル予選。山縣は速報値10秒03で五輪参加標準記録10秒05を突破した。場内実況は「気になるのは風」とアナウンス。追い風2.0メートル以上の風が吹くと、公認記録にならない。東京五輪出場へ、日本選手権前に10秒05を突破しておきたい状況。正式タイムを待つ間、スタンドは沈黙した。

「何とかしてあげて……」

 隣にいた記者が祈るようにつぶやいた。フィニッシュから17秒後。電光掲示板には追い風1.7メートル、10秒01と表示された。山縣はパチンと手を叩き、両腕のガッツポーズに安堵の想いを滲ませた。予選全3組のうち、他の2組は追い風参考2.6メートル。この組だけ風に恵まれた。

 3時間後の決勝でも想いは乗り移った。予選とは比較にならないほど、フィニッシュライン付近の取材エリアは沸きに沸いた。

 綺麗にスタートを決めた山縣が、中盤で隣の多田修平に並ぶ。ラスト10メートルを切って体一つ抜け出した。「これはいい!」「キタ!」。記者たちが叫ぶ。今度の速報値は9秒97。日本人4人目の9秒台だ。「うぉっ!!」と声を上げる人、絶句する人、よくわからんけどひとまず一番前に出ようとする興奮した人。取材そっちのけ、冷静な人を見つける方が難しい状況だった。

 さあ、風はどうか。祈るのは本人だけではない。会場全体が固唾をのんで静まり返った。フィニッシュから1分。長い待ち時間の末に表示されたのは「9.95 +2.0」だった。公認ギリギリのまさに“神風”。サニブラウン・ハキームを0秒02上回る日本新が生まれ、記者も、カメラマンもタイム板の隣で記念撮影を行う山縣のもとへとダッシュした。

 短距離において、風はタイムに大きく影響する。陸上ファンならよく知るところだが、山縣のキャリアは風に恵まれなかった。10秒00は過去2度あり、17年9月が0.2メートル、18年8月が0.8メートルで、ともに物足りない追い風。この2レースは少しの例に過ぎない。走りもいい、体の状態もいい。9秒台はいつ出てもおかしくないと期待されたものの、長い間0秒01を縮められなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集