[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカーと“性格別”の適性ポジション C.ロナウドの恩師に見る指導者の必須能力

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はクリスティアーノ・ロナウドやカルレス・プジョルの少年時代のエピソードを引き合いに、ポジションごとに異なる選手の特性に注目している。

少年時代のクリスティアーノ・ロナウドに対してどのような指導を行っていたのか【写真:Getty Images】
少年時代のクリスティアーノ・ロナウドに対してどのような指導を行っていたのか【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:C.ロナウドの恩師が重視した2人きりの対話

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回はクリスティアーノ・ロナウドやカルレス・プジョルの少年時代のエピソードを引き合いに、ポジションごとに異なる選手の特性に注目している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 育成において、性格に合わせた指導は必須と言える。ポルトガル・マデイラ島でクリスティアーノ・ロナウドの少年時代の恩師に訊いた話は、それを裏付けていた。

「クリスティアーノ(ロナウド)は自尊心が強かったので、みんなの前では叱らないようにしていました。彼のような選手に公然とミスを指摘した場合、羞恥心から反発が強くなってしまう。でも2人きりなら、むしろしっかりと聞いてくれるんですよ」

 指導者は、まず選手の性格を見抜くことが欠かせない。戦術の難しいメソッドを習うことなどよりも、ずっと優先すべきである。選手の特性を見つめ、理解し、対話できないようなら、どんな指導も「ゼロの掛け算」だ。

 ロナウドの心理状態はいつも不安定だったという。それは恵まれていたとは言えない家庭環境に起因していた。敗北を許せず、とめどなく涙を流したのもその一つだった。

 しかし、ストライカーという“人種”はどこかに狂気を抱いている。その精神的不安定さが、相手を凌駕する後押しにもなる。競り合いを制し、冷徹にゴールを撃ち抜けるのだ。

「生来的な殺し屋」

 彼らはそう喩えられることがあるが、戦いにおいて躊躇なく引き金を引けるメンタリティだ。

 つまり性格によって、ポジションも違ってくる。各自、人間性に合うポジションがある。絶対に符合する必要はないが、同じか近いと、必然的に上達も早まるだろう。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集