[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「お願いです、謝って下さい」 あの最終戦2日前、松田直樹を動かしたマネージャーのメール

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

2010年のマリノス最終戦の挨拶に立った松田直樹さん【写真:Getty Images】
2010年のマリノス最終戦の挨拶に立った松田直樹さん【写真:Getty Images】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」8通目 横浜F・マリノス職員 大谷晋吾

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが命日となる8月4日まで連日、天国の背番号3への想いを明かす。第8回は横浜F・マリノス職員の大谷晋吾さん。松田さん在籍当時、マネージャーとしてチームを支えた記憶とともに、2010年マリノス最終戦直前にあった秘話を記す。(構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 初めて、マツさんと会った日のことをよく覚えています。

 2005年。副務として採用された僕は大学卒業前、シーズンが始まる前の1月の準備から手伝っていました。自主トレに来る選手に挨拶をする日々。ある日、東戸塚のクラブハウスで後ろを振り返ると、私服姿のマツさんがいた。

「ああ、あの松田直樹だ」。今までスタジアムの遠くから見て、ピッチに立っていた人。体が大きいのに顔が小さいし、ビジュアルからして、なんてカッコいい人なんだ、と。緊張して「今年から入ることになりました。大谷です」くらいしか言えなかった。

 すると、マツさんは何も言わず、しっかりと目を見て、がっしりと握手してくれた。その瞬間、一気に心を鷲掴みにされました。

 最初の監督の岡田武史さんの教えで「スタッフは選手と距離を置いて仕事をすることが正義」を2~3年間は、貫きました。選手に食事に誘われても頑なに断るくらい。2007年に練習施設がマリノスタウンに移転し、僕も主務になると選手との関係性も変化していき、マツさんに対しての印象が変わりました。
 
 とても大きくて、繊細で優しい人。これが、僕が思うマツさんでした。そう感じた思い出が2つあります。

 ある日、選手が練習場に連れてきていた子供に、こう言っている姿を見ました。「お前の父ちゃん、日本で一番サッカー上手いんだぞ!」。それはどんな選手の子供にもやっていたかもしれない。でも、子供はお父さんが自慢になるし、お父さんである選手も、うれしかったと思います。

 もう一つは、個人的な話で、シーズン中に祖母が亡くなった時。その当時の監督から冠婚葬祭には必ず出なさいという進言で、葬儀と試合が重なった試合に帯同しませんでした。その試合は結局負けてしまった。オフ明けの練習に「すみません。休ませてもらって、ありがとうございました」と挨拶をしていきました。

 すると、マツさんは会うなり「お前がいないから、負けちゃったよ!」と明るく言ってくれて。そういう風に、年下で裏方である自分のことも気にかけてくれて、言葉で投げかけてくれる。そんな姿に、大きさと優しさと繊細さを感じたことを覚えています。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集