[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドイツ柔道コーチが“闘魂注入” 試合直前、顔への2発を選手説明「全然痛くない!」

東京五輪は27日、柔道女子63キロ級が行われた。出場したドイツの選手が、コーチから“闘魂注入”されている映像が海外で話題となっている。畳に上がる直前、頬に2発が入った映像を選手自身もSNSに公開し「私を奮い立たせてくれているのです!」と伝えている。

マルティナ・トライドス【写真:Getty Images】
マルティナ・トライドス【写真:Getty Images】

東京五輪・女子63キロ級1回戦の試合前シーンが海外話題

 東京五輪は27日、柔道女子63キロ級が行われた。出場したドイツの選手が、コーチから“闘魂注入”されている映像が海外で話題となっている。畳に上がる直前、頬に2発が入った映像を選手自身もSNSに公開し「私を奮い立たせてくれているのです!」と伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 女子63キロ級の1回戦、話題となっているのはドイツのマルティナ・トライドスだ。畳に上がる前、コーチを務めるクラウディウ・プサ氏に柔道着を掴んでもらい、前後に強く揺さぶられている。続けて両手でパン!パン!と両頬に“闘魂注入”。気合を入れて試合に臨んでいた。

 実際の映像が海外メディアにも公開されていたが、英紙「デイリーメール」によると「試合前の彼女の儀式がカメラに収められており、彼女の身を案じる声が上がっていた」とのこと。トライドスは自身のインスタグラムで同じ映像を公開し「これは全然痛くないです。できれば違うことで話題を提供したかったわ。前にも言っているけどこれは試合前の儀式であり、コーチは私を奮い立たせてくれているのです!」と説明している。なお、ドライドスはこの試合でエズバシュ・ソフィ(ハンガリー)に敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集