[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「お願いです、謝って下さい」 あの最終戦2日前、松田直樹を動かしたマネージャーのメール

松田さんらと2010年のチーム集合写真に納まった大谷晋吾さん(スタッフの後列右から3人目)【写真:本人提供】
松田さんらと2010年のチーム集合写真に納まった大谷晋吾さん(スタッフの後列右から3人目)【写真:本人提供】

忘れられない2010年の1週間、最終戦2日前に松田さんに送ったメール

 一緒に戦う中で忘れられないのは、2010年の1週間です。せっかくの機会なので、ありのままにお伝えします。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 その年はクラブの成績も低迷し、マツさんも手術の影響でシーズン序盤を欠場。復帰以降も本来のセンターバックではなくボランチで起用されるなど苦しいシーズン。そして、迎えたシーズン終盤の11月27日、アウェイのガンバ大阪戦でした。

 マツさんはスタメンで出場すると、パフォーマンスがすごく良くて、「やっぱり松田直樹だな」と誰もが思うプレーを見せた。試合も勝利し、本人もすごく上機嫌で。そのまま新幹線で横浜に戻り、クラブハウスまで戻ってきた夜のこと。

 バスを降りると、クラブの契約関係の担当に「マツ、ちょっといい?」と声をかけられた。クラブハウス内の部屋に入っていく姿を見て「あれ? どうしたんだろう」と。そう思っていたら、5分も経たないうちに出てきた。

 なんというか、鬼の形相。誰も声をかけられず、飛び出して帰ってしまった。スポーツ新聞に「松田退団」の記事が出たのは翌日。練習場に行くと多くのサポーターが詰めかけていて、大変な1週間になると覚悟しました。

 次が最終戦。マツさんにとって、マリノス最後の試合になる。でも、オフ明けから練習が始まっても、クラブハウスには来ても練習に出ない。トレーナー室にこもって「脚が痛い」「練習はやらない。最終戦は絶対出ない」と。契約非更新に納得がいかない様子で、時間だけが過ぎていく。

 いよいよ、試合2日前の木曜。練習場に顔を出したら相変わらずトレーナー室のベッドに寝転んでいる。スタッフが「最後の試合だから出ろ」と言っても聞く耳を持たない。スタッフもサジを投げてしまった感じでした。

 マツさんにメールを送ったのは、その夜のことです。

 翌日の金曜になると、もう試合前日。帯同メンバーが決まってしまう。ファン・サポーターにたくさん愛され、僕も一番近いところから姿も見ていた。他の誰も手立てがない。報道が出た後も、たくさんのファンがマツさんを観に来てくれている。

 自分も後悔したくなかった。何かできることはないか。イチかバチか。「スタッフは選手と距離を置く」なんて正義は忘れて、携帯に送りました。「個人的なメールなので、読んでも読まなくてもいいです」と。

 全部は覚えてないですが、だいたいこんな内容です。

「マツさんがサポーターに愛されていることは間違いありません。

 あなたほどトリコロールのユニホームが似合う人は見たことがありません。

 最終戦で、最後のトリコロールを着ているマツさんを皆が見たいです。

 この1週間、マツさんの気持ちを分かることはできないし、最後は監督が決めることです。

 でも、謝ったら試合に出場できるチャンスがあると思うので。

 お願いだから、謝ってください。謝って、試合に出てください」

 返信は、ありませんでした。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集