[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

被写体・松田直樹の魔力 カメラマンが忘れられない背番号31「彼だけ諦めてなかった」

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

2007年ナビスコ杯準決勝、味方の退場でGKとして出場した松田直樹さん【写真:草野裕司】
2007年ナビスコ杯準決勝、味方の退場でGKとして出場した松田直樹さん【写真:草野裕司】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」6通目 横浜F・マリノスカメラマン草野裕司

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが命日となる8月4日まで連日、天国の背番号3への想いを明かす。第6回は横浜F・マリノスのオフィシャルカメラマン・草野裕司さん。1995年開幕戦のデビュー戦からファインダー越しに見続けた被写体・松田直樹の肖像とは。(構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

今は永久欠番になっている横浜F・マリノスの背番号3【写真:草野裕司】
今は永久欠番になっている横浜F・マリノスの背番号3【写真:草野裕司】

 被写体としてカッコ良かったですね、直樹君は。

 いつも味方を鼓舞し、自分を奮い立たせ、敵には闘志むき出し。前線に上がる時は鬼の形相です。でも、笑うと優しい笑顔で、かわいらしい。喜怒哀楽の100%が表情に出る人で、どんなカットを撮っても絵になる。そんな選手でした。

 昔のマリノスは守ってカウンターの戦術。攻め手を欠くと彼は我慢できず、ボールを持って上がってくる。そんな人間らしい姿を見ていると、裏がなく、素直。だから、シャッターを切った時には、もう彼そのものが写っている感じです。

 カッコ良く撮ってやろうとか、何か意図を込めなくていい。そのくらい彼の内側から発散されるオーラは魅力的でした。しかし、それは撮りやすい半面、誰が撮っても良く写るということ。松田直樹をどう表現するか。気持ちを持って対峙しないと“撮らされちゃう”。

 凄く良いものが撮れたと思っても、見返してみると、実は“撮る”のではなく“撮らされていた”。最後の数年です、ある程度“撮れていた”のは。だから、僕自身、カメラマンとして育てられた面もあります。

 人柄としても、フレンドリーでした。今でこそ試合後は会話しながら、選手から「撮って、撮って」とアピールされることもありますが、当時は選手とカメラマンの距離は近くありませんでした。にもかかわらず、ポーズをくれたり、表情をくれたり。

 もともと、家が近所。朝、散歩をしていると、練習に向かう彼が車から手を振ってくれたり、ショッピングモールのエスカレーターでばったりすれ違うと、見て見ぬふりをするのではなく「おう!」と挨拶してくれたり。社交的で礼儀正しい。

 ピッチ以外ではオーラを消し、なるべく人と関わらない選手もいますが、彼は一切そういうことがない。カメラマンに対して、そういう距離感で接してくれたのは、当時、彼が唯一でした。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集