[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 香川にあって、大久保に足りなかったもの ドイツの名手が語る“海外成功”のカギ

香川にあって、大久保に足りなかったもの ドイツの名手が語る“海外成功”のカギ

これまで数々の日本人フットボーラーが海を渡ってきた。ドルトムントMF香川真司、フランクフルトMF長谷部誠、レスターFW岡崎慎司のように欧州で長期間、キャリアを築いた成功例も存在する一方で、新天地で期待されながらも失意の帰国を迎えた例も存在する。実力は問題ない。それでも、欧州での「成功」と「失敗」を分けるものは一体何なのか。ドイツ1部ヴォルフスブルクでスカウト部長を務める元西ドイツ代表FWピエール・リトバルスキー氏に聞いた。

香川真司と大久保嘉人【写真:Getty Images】
香川真司と大久保嘉人【写真:Getty Images】

リトバルスキー氏が見分ける、海外挑戦の「成功」と「失敗」の理由とは

 これまで数々の日本人フットボーラーが海を渡ってきた。ドルトムントMF香川真司、フランクフルトMF長谷部誠、レスターFW岡崎慎司のように欧州で長期間、キャリアを築いた成功例も存在する一方で、新天地で期待されながらも失意の帰国を迎えた例も存在する。実力は問題ない。それでも、欧州での「成功」と「失敗」を分けるものは一体何なのか。ドイツ1部ヴォルフスブルクでスカウト部長を務める元西ドイツ代表FWピエール・リトバルスキー氏に聞いた。

 日本でもプレー、監督経験があり、欧州、南米、そして、Jリーグの試合を年間100試合以上を視察しているリトバルスキー氏。成功上の条件として最も重要なのが、選手の「理解力」だという。

「フットボールにおいては、いつでもクオリティが最優先で要求されます。海外の優れたレベルのリーグに移籍できるということは、それだけで十分なクオリティを持っていることを意味します。日本で見せたクオリティを、例えばブンデスリーガで発揮できるか、という部分が大事なのです。

 Jリーグやアジアで通用していたプレーをそのまま持ち込もうとしても、それは簡単ではありません。重要なのは相手をいかに研究するか。そして、その結果を理解できる人間こそ適応が早くなる。そして、適応や理解が早いほど、ドイツでプレーする上で、より優秀な選手ということになります」

 海外のクラブからオファーを受けることができる時点で、選手としてのクオリティは保証されている。だが、欧州での成功の鍵を握るのはテクニックとは別の部分。新しい環境に適応するための「理解力」だという。

1 2 3

ピエール・リトバルスキー

ブンデスリーガ強豪ヴォルフスブルクのスカウト部長。現役時代は天才ドリブラーとして活躍。西ドイツ代表メンバーとして1990年ワールドカップイタリア大会優勝、82年スペイン大会、86年メキシコ大会ではそれぞれ準優勝に貢献している。ブンデスリーガ1FCケルンで活躍後、1993年からJリーグJEFユナイテッド市原(現J2ジェフ千葉)で、96年からブランメル仙台(現ベガルタ仙台)でそれぞれ2シーズンプレーした。監督として横浜FC、アビスパ福岡、シドニーFCで指揮を執った。ドイツ語の他、英語、フランス語、日本語も堪能なマルチリンガル。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー