[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 川口能活×中村俊輔vol.4 今、考える“引き際”「いらないと言われるまで現役で」

川口能活×中村俊輔vol.4 今、考える“引き際”「いらないと言われるまで現役で」

対談の最後、2人が明かした“引き際”に対する考えとは…

――川口選手に続き、中村選手も今年40代になります。ここまで現役でプレーを続けるイメージは持っていましたか?

川口「僕はイングランドにいたとき、40歳を超えたキーパーがキレキレのプレーを見せるのを目の前で見ていました。若手と同じトレーニングをして、現代サッカーにも対応する彼らの姿に影響されたと思います。そして、ケガをしたり、パフォーマンスが落ちたりして、所属するJのカテゴリーが下がっていくなか、このままでは終わりたくない。

 ちょっとでも上向いた状態で、次のステージに行きたいという想いもある。ケガをしたまま、『ああ、能活はもうダメだな』と思われながら終わりたくはない。『あいつ、まだやれるな』というところで、気持ち良く次のキャリアに進みたいと考えている。その想いが、現役を続ける原動力になっていますね」

中村「僕は現役にこだわってここまできた、という感じではないです。プロなので契約してくれるチームがあれば、そこへ行く。結果、今ここにいる。あとは、ベテランになっても、子供の頃、兄貴と近くの公園でボールを蹴っていたときの楽しい感覚と一緒。大好きなサッカーをして、プロサッカー選手を続けられれば、こんなにいいことはない。だから、僕はいらないと言われるまで現役でプレーすると思います」

川口「うん、いろんなプレッシャーはあるけど、やっぱり最後はサッカーをする喜びやサッカーが好きという初心に帰るよね。僕はおととし、『やっと終わったー』という感じでオフに入ったけど、去年は『もうちょっとやりたかったな』という気持ちで入れた。体が動くようになってきたら、サッカーを楽しむ気持ちも、また強くなったよ」

(終わり)

【第1回】川口能活×中村俊輔が初対談 「天狗」になった“あの時代”から学んだこと
【第2回】川口能活×中村俊輔vol.2 能活が俊輔に感じた高校時代の覚悟「だから今の俊がある」
【第3回】川口能活×中村俊輔vol.3 ありすぎて難航? 2人が選ぶ「互いのプレーベスト3」

<川口能活、初著作「壁を超える」を刊行>

 川口は初著作「壁を超える」をこのほど上梓した。

 42歳現役選手を支え続けるものとは何か――。順風満帆に見えて、実際は今ほど整っていない環境での海外移籍や度重なる怪我など辛い時期を幾度も乗り越えてきた。メンタルが問われるゴールキーパーという特殊なポジションで自分自身を支え続けるものは何なのか。

第1章 苦境のおしえ
第2章 人を育てるということ、組織(チーム)を率いるということ
第3章 リーダーの肖像 ――指揮官たちに教わったこと
第4章 厳しかった日々と家族の存在
第5章 「現役」であること、「引退」に思うこと

「あの時」、川口は何を思っていたのか――。
定価:本体800円+税 ISBN:978-4-04-082166-5

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3 4 5

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー