[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 大成か、解散か― 未完の“現代版ツインタワー”、頂点を目指す上で直面する課題とは

大成か、解散か― 未完の“現代版ツインタワー”、頂点を目指す上で直面する課題とは

NBAのニューオリンズ・ペリカンズには、24歳のアンソニー・デイビス、27歳のデマーカス・カズンズと強力なビッグマンがいる。現地時間1月14日の敵地ニューヨーク・ニックス戦は、彼ら“現代版ツインタワー”のポテンシャルが端的に表れたゲームだった。

アンソニー・デイビスとデマーカス・カズンズ【写真:Getty Images】
アンソニー・デイビスとデマーカス・カズンズ【写真:Getty Images】

ペリカンズのデイビス&カズンズ、ニックス戦で無限の可能性を誇示

 NBAのニューオリンズ・ペリカンズには、24歳のアンソニー・デイビス、27歳のデマーカス・カズンズと強力なビッグマンがいる。現地時間1月14日の敵地ニューヨーク・ニックス戦は、彼ら“現代版ツインタワー”のポテンシャルが端的に表れたゲームだった。

 午後3時半開始のデイゲームの影響か、ペリカンズは序盤、動きが鈍く、第3クォーターに最大19点のリードを許す。敵地ゆえ、この時点で勝負は決まったとの雰囲気が漂ったが、最終クォーターに集中力を高め、同クォーターでニックスを13得点に封じて猛追。オーバータイムにもつれ込む激闘の末、ペリカンズが123-118で逆転勝利を飾った。

「僕たちは戦い続けた。常に“負けている”ではなく、“まだ勝っていない”というメンタリティーで臨むようにしている。この勝利によって、粘り強さ、タフネス、精神的な強さを見せられたと思う」

 試合後、デイビスはチーム全体の奮闘を強調したが、実際には彼の怪物的な活躍が最大の勝因だったことは明白だ。ニックス戦のデイビスは今季自己最多の48得点、17リバウンド、4スティール、3ブロックとオールラウンダーぶりを発揮。終盤にもビッグショットを立て続けに決め、敵地ニューヨークのファンにもため息をつかせた。

“相棒”のカズンズはシュートこそ不調だったものの、15得点、16リバウンド、7スティール、3ブロックでデイビスを援護。この2人への対応に手を焼き、ニックスは徐々に手詰まりに陥っていった。

1 2 3 4 5

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー