[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大成か、解散か― 未完の“現代版ツインタワー”、頂点を目指す上で直面する課題とは

ジェントリーHCは絶賛「一緒にプレーする際に弱点は存在しない」

 2017年2月に電撃トレードでカズンズを獲得してから間もなく1年。ペリカンズはデイビス、カズンズという支配的なビッグマンが絶対的な中心を担うチームになった。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

「2人ともインサイドでもアウトサイドでもプレーできる。一緒にプレーする際に弱点は存在しない。リバウンドも取れるし、聡明だし、パス意識も高い。周囲の全ての選手たちのゲームを容易にすることができる」

 昨年11月の時点でアルビン・ジェントリーヘッドコーチ(HC)は地元メディアにそう語っていたが、確かに彼らは共存の難しさを感じさせていない。

 身長208センチのデイビスは平均26.7得点、10.5リバウンド、2.1ブロックを記録し、リーグトップ3に入る実力者としての地位を足固めしてきた。身長211センチのカズンズも平均25.3得点、12.7リバウンド、1.6ブロックと好成績をマーク。本来であれば、両雄は現代最高級の“ツインタワー”として注目され、ウェスタン・カンファレンスの強豪たちを恐れさせて然るべきである。

1 2 3 4 5

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集