[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太は勝ち組? ロンドン五輪ボクシング金メダリストの“現在地”に海外紙注目

村田諒太は勝ち組? ロンドン五輪ボクシング金メダリストの“現在地”に海外紙注目

プロボクシングの世界では、アマチュア時代の戦歴もキャリアに大きな影響を与える。中でも「五輪金メダリスト」は箔がつき、1992年バルセロナ五輪ライト級で金メダルを獲得したオスカー・デ・ラ・ホーヤ(米国)は“ゴールデンボーイ”の異名を取り、史上初の6階級制覇を果たすなどスーパースターとして活躍。現在はプロモーターとして成功している。海外メディアは、2012年ロンドン五輪の金メダル獲得者の“今”に注目。数多くのチャンピオンを輩出しているメダリストのなかで、WBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)も「勝ち組」となっている。

村田諒太【写真:Getty Images】
村田諒太【写真:Getty Images】

プロ転向後20戦20KO勝ちのジョシュア、統一戦を控えるウシクは“勝ち組”

 プロボクシングの世界では、アマチュア時代の戦歴もキャリアに大きな影響を与える。中でも「五輪金メダリスト」は箔がつき、1992年バルセロナ五輪ライト級で金メダルを獲得したオスカー・デ・ラ・ホーヤ(米国)は“ゴールデンボーイ”の異名を取り、史上初の6階級制覇を果たすなどスーパースターとして活躍。現在はプロモーターとして成功している。海外メディアは、2012年ロンドン五輪の金メダル獲得者の“今”に注目。数多くのチャンピオンを輩出しているメダリストのなかで、WBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)も「勝ち組」となっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 カナダテレビ局「TVAスポーツ」は「ロンドンの金メダリストたちの現在地は?」と見出しを打って特集。「ボクシングの世界ではアマチュアでの戦績がプロキャリアの前兆となることが多い」と触れた上で、“現在”にスポットライトを当てている。

 ロンドン五輪のスーパーヘビー級を制したアンソニー・ジョシュア(英国)は、プロ転向後20戦20KO勝ち。身長198センチの恵まれた体格を生かし、WBA・IBF世界ヘビー級スーパー王者として君臨する。寸評では「伝説のウラジミール・クリチコ戦の輝ける勝利で彼は栄誉を授かった」と言及。2017年4月、聖地ウェンブリー・スタジアムで9万人の観衆が集まった元WBA、IBF、WBO世界ヘビー級スーパー王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)と戦い、11回TKO勝ちを収めた一戦が評価されている。

 ヘビー級金メダリストのオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)は、プロとして13戦全勝で現WBO世界クルーザー級王者。1月27日にWBC世界クルーザー級王者マイリス・ブリエディス(ラトビア)と統一戦を控えている“勝ち組”の1人だ。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー