[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大成か、解散か― 未完の“現代版ツインタワー”、頂点を目指す上で直面する課題とは

歴代のユーイング&オークリー、ダンカン&ロビンソンにも才能では比肩

 過去には、パトリック・ユーイングとチャールズ・オークリー(ニックス)、ティム・ダンカンとデビッド・ロビンソン(サンアントニオ・スパーズ)といった魅力的なビッグマンデュオが存在した。それらのどの“ツインタワー”と比べても、デイビスとカズンズは持って生まれた才能では負けていない。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 スペースを重視した昨今のNBAでは大型センターは重宝されないが、ロングジャンパー、パス能力も備えたこの2人は現代でも輝き続けられる逸材だ。彼らがわずか1年半程度で解消されることになれば、残念としか言いようがない。それだけに、今後の道のりは興味深い。

 戦力補強のサポートも受けて、今季終了までにチームを押し上げられるか。自分たちが得点を重ね、揃ってオールスターに選ばれるだけでなく、周囲の力を引き出すこともできるか。それができなければ、この個性的なデュオは間もなく解散となる。NBAの2017-18シーズンもちょうど折り返し地点を迎え、後半戦では、“現代版ツインタワー”の行方にも注目が集まる。

1 2 3 4 5

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集