[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界一過酷なヨットレースを完走 最強のチームを作った白石康次郎の“モテモテ理論”

裂けたメインセール【写真:DMG MORI SAILING TEAM提供】
裂けたメインセール【写真:DMG MORI SAILING TEAM提供】

「本当にやるの?」 スタート直後の大ピンチをいかにして乗り越えたのか

「本当にやるの? やるのはオレだよ」

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 白石は思わず苦笑を浮かべたという。高さ29メール(ビル7階相当)のマストを上り、重さ約100キロのメインセールを下ろす重労働。そして、船底の床をはがして甲板まで持ち上げ、平らな急造の作業台を完成させなければいけない。そこから、ハサミと接着剤を使って裂け目を丁寧に重ね合わせて修復する。激しく揺れる船、足元は常に不安定、電源も限られ、ライトを照らすこともできなかった。

「それでもやれっていうんだよね。本当にひどいよね(笑)」

 ゴルフのドライバーの飛距離は380ヤードを誇り、スクワットも200キロ以上とサッカー日本代表級の脚力を持つ怪力の白石でも未体験の領域だった。船酔いに苦しむスキッパー(船長)はカーペンター(大工)へと早変わり。フランスにいる地上チームとの連係により、何とか約1週間かけて復旧した。レース後、白石は「再び上がったメインセールを見たときが一番印象深いかな」と目を細めた。奇跡の完走へ、第一歩を踏み出した瞬間だった。

 前回大会はマストが折れ、無念のリタイアとなった。今大会に向け、「モテモテ」理論を実践した。白石は2019年1月からフランスでは伝説的なスキッパーとして知られるローラン・ジョルダンの門をたたいた。今大会、「ジョルダン組」の生徒は、ヤニック・ベスタベンが優勝、ジャン・ル・カムは4位と躍進。白石はゴール後の記者会見で「僕が一番出来の悪い生徒でした」と頭を下げ、「こんな、生徒ですが、忍耐強くいつも(トレーニングで)一緒に船に乗ってくれたので感謝します」と述べた。ほかにも、「バカを貫く」という人なつっこい笑みを浮かべ、欧州各国で知り合った一流の職人たちをチームに誘った。命を預け合う仲間が集った。初めての世界一周時にも2度のリタイアを決断した白石は、真剣なまなざしで言った。

「決断って、『決めて断ち切る』ってこと。同時に2つはできない。良い決断をするには平常心を保たないといけない。恐怖に裏付けされた決断は間違える。簡単に言えば自分自身の機嫌を良くするということだね。そのツールとして座禅も組む。でも、うまくいかない、機嫌を良くできない時は、もう運のいい人間に聞く。うまく行っている人に聞いて参考にする」

 スタート直後に迎えた絶体絶命のピンチを乗り切った「決断」もそうだった。メインセールの破損で途方に暮れたが、「自分よりも優秀」なスタッフは諦めなかった。いや、むしろ愛の鞭を打った。チーム内では、北大西洋から「まずは赤道を目指そう」が合言葉になった。そこから、南下して南アフリカ最南端のケープタウン→オーストラリア→南米最南端で「帆船乗りの墓場」も呼ばれるケープホーンと目標を一つずつクリア、北上してフランスに戻ってきた。白石は帆に向かって「調子はどうだ? 頑張れるか?」と呼びかけるのが日課になっていた。

 ラスト2日間は漁船との衝突に細心の注意を払うため不眠で舵を取った。94日21時間32分56秒。「奇跡の積み重ね」でフィニッシュを果たした。史上初の世界一周単独ヨットレースで優勝した恩師の多田雄幸から1988年にバンデ・グローブの存在を教えてもらってから30年以上。髪の色が黒から白に変わっても追い続けた夢の結実でもあった。華やかな成功の裏では、独自の「モテモテ」理論から生まれたチームが苦難に立ち向かいゴールへの道筋をつくり、導いてくれた。白石は、それを「映画『アポロ13』みたいだった」と表現した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集