[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀口恭司は朝倉海を「ぶっ飛ばす」 1年4か月ぶりの復帰戦で「子供たちへ夢与えたい」

格闘技界を盛り上げるために…「しっかりと、ド派手に勝ちます」

 昨年8月18日。堀口は朝倉に対して、1ラウンド、わずか68秒で敗れた。自身のキャリアで初のKO負け。黒星を喫するのも2015年、UFCのフライ級タイトルマッチでデメトリアス・ジョンソン(米国)に敗れて以来、4年ぶりだった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 怪我もあり、以来リングから遠ざかっていた堀口。一方の朝倉は4連勝。RIZINの顔の1人として人気も知名度も一気に上がった。そんな相手をどう見ていたのか。実に堀口らしい答えが返ってきた。

「自分が負けた相手なので、しっかりと有名になってもらわないと困る。ありがたい限りです」

 兄の未来とともに、YouTuberとしても活躍。登録者数80万人を超える、カリスマとして絶大な支持を集めている。そんな姿に対しても「格闘技だけじゃなくて、YouTubeで成功するのは凄いと思う」と素直に賛辞を送る。

 どんな形であっても格闘技界を盛り上げたい。そんな思いを常々公言してきた堀口とって、朝倉はうってつけの相手だ。「12・31」決戦は、1度目の対戦とは違う熱量の注目を浴びている。

「格闘技人気って一時期、下火になっていましたよね。こうやって注目されるカードになって、盛り上がってきているのだとしたら、凄くありがたい。もっともっと有名に、メジャーにしていきたい」

 山本KID徳郁さんに憧れ、総合格闘技を志した。大晦日と言えば、思い出すのは2004年。今や語り草となっている魔裟斗との試合だ。「KIDさん、魔裟斗さんの試合は、やっぱり覚えています」。あれから16年、自身が沸かせる番だ。「楽しみでしかない」。誰よりも、ワクワクしているのは自分自身かもしれない。

 RIZIN.26のメーンイベント。文字通り、2020年を締めくくる一戦となる。「コロナの年だった」と振り返る堀口だが、最後はうっぷんを晴らすような快勝劇を描いている。

「デカい怪我をしてから一発目の試合、しっかりと、そしてド派手に勝ちます。それと怪我をしても選手生命も終わらないし、ベルトもまた獲れるんだよと。そんな夢をファンや子供たちに与えたいですね」

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集