[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大学ラグビー開幕 “いつもと違う”シーズン初戦で大学王者が見せた“いつもと違う姿”

秩父宮開幕を待つファン【写真:吉田宏】
秩父宮開幕を待つファン【写真:吉田宏】

対抗戦王者・明大は主力不在でも快勝

 昨季は対抗戦を制しながら、大学選手権決勝でライバル早大に敗れた明大は、11トライの猛攻で、5シーズンぶりにAグループ(1部)に昇格した立大をねじ伏せた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 無観客ながら、世田谷・八幡山の自校グラウンドで開幕戦を迎えた田中澄憲ヘッドコーチは「無事に開幕を迎えられたことが嬉しい」と語る一方で、試合内容には「立大のプレッシャーがすごく良かったので、満足できるプレーができなかった」と厳しい採点。この日の先発15人で、昨季大学選手権決勝の先発メンバーはわずか4人。指令塔のSO山沢京平(4年、深谷)らを欠く中での課題を指摘した。

 2シーズンぶりの大学王座奪還を目指すNO8箸本龍雅主将(4年、東福岡)も「自分自身は相手の出足に負けて、前に出れなかった。BKが空いているスペースにボールを運んでくれたのが勝因」と厳しい自己採点だったが、常にボールを持って攻撃を仕掛ける積極性でチームを牽引した。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集