[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 村田諒太、“ミドル級スーパー・スターウォーズ”に殴り込み 待ち受ける次のシナリオは

村田諒太、“ミドル級スーパー・スターウォーズ”に殴り込み 待ち受ける次のシナリオは

「“ミラクルマン”がミドル級戦線に復帰」———。11月12日(現地時間11日)、ニューヨークのロングアイランドにあるナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムにて、元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米国)の復帰戦が行われた。

“ミラクルマン”が戦線復帰 元WBA世界王者の帰還でミドル級の争いはさらに激化

「“ミラクルマン”がミドル級戦線に復帰」———。11月12日(現地時間11日)、ニューヨークのロングアイランドにあるナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムにて、元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米国)の復帰戦が行われた。

 現在は村田諒太(帝拳)が持つタイトルを今春まで保持していたジェイコブス。かつて脊髄の骨肉腫を克服したことから、“ミラクルマン”(奇跡の男)の異名を取る30歳は、18戦全勝(9KO)と無敗街道を歩んできたルイス・アリアス(米国)に3-0で大差の判定勝ちを飾った。元王者として、依然その実力がハイレベルにあることを証明した格好だ。

 今年3月、WBA、WBC、IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦に僅差の判定負けを喫したが、通称“GGG”の連続KO防衛記録を17でストップする大善戦で逆に存在感を高めた。もともとアメリカでは「タイトルを持っているかどうか」よりも、「対戦相手の質」「試合内容」で評価される。30歳の実力派のカムバックで、層の厚いミドル級戦線はさらに面白くなるはずだ。

 2017年、ミドル級戦線は大きく動いた。9月にWBA、WBC、IBFタイトルマッチとして、ゴロフキンと元WBC王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)のスーパーファイトが実現したのをはじめ、10月22日には村田がWBA正規王座のタイトルを奪取し、日本でも一つのハイライトが生まれた。しかし、これでストーリーが完結したわけではない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー