[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「『強い』だけじゃ片付けられない」 中野友加里が感じるアスリート羽生結弦の凄み

現役時代はトップ選手として活躍した中野友加里さんだから感じる「有言実行」の凄みとは【写真:Getty Images】
現役時代はトップ選手として活躍した中野友加里さんだから感じる「有言実行」の凄みとは【写真:Getty Images】

羽生の強さを最も感じた演技は「平昌五輪のSP」、その理由は…

 アスリートには、2つのパターンがいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「有言実行」と「不言実行」。

 中野さんが話した通り、羽生は前者だ。「私はかなりマイナス思考なタイプ。『私、できるかな……』みたいに、いつも思っていました」と笑うが、実際に選手として戦ってきたから、勝負の世界で「有言実行」を貫く凄さを理解している。「自分でプレッシャーをかけ、そのプレッシャーに打ち勝っていく。それを楽しんでいるようにすら感じるから見ていて面白いです」と言った。

 そんな羽生の強さを最も感じた演技を一つ、挙げてもらった。答えは「平昌五輪のショートプログラム(SP)」。

 大会3か月前、NHK杯の練習中に右足首を負傷。出場すら危ぶまれた。しかし、ぶっつけで大舞台のリンクに立った23歳は、66年ぶりとなる五輪連覇を達成。歴史的快挙を呼び込んだのは「バラード第1番」を演じたSPだった。当時、フジテレビのスポーツ担当のディレクターとして、会社で演技を見守っていた中野さん。「魂の2分40秒」は、画面越しであっても、感じるものがあった。

 痛めていたはずの右足で踏ん張り、3本のジャンプを完璧に着氷。3回転アクセルではジャッジ全員が出来栄え点(GOE)満点をつけた。自己最高に迫る111.68点で首位発進。江陵アイスアリーナを己の世界に惹き込み、フリーで完成させる伝説の序章とした。

「2大会連続の五輪王者を目指し、プレッシャーがかかる中で、まさに有言実行。『必ず獲る』と言って、しっかり獲ったのは王者ならでは。2大会連続の優勝は並大抵じゃない。特に彼の場合、直前に怪我をしました。普通は怪我をすると、その分、休まないといけない。休むとなると筋力も体力も落ちる怖さがある。年齢とともに体力を含め、すべてを戻すのに相当な時間がかかります。

 しかし、しっかりと五輪に照準を合わせて、それを本番で発揮した。精神的な部分で強い選手なんだと、特にSPで感じました。会社で仕事の手を止めて、演技を見守っていたんです。シーンとして、すごく静か。会社にいるのに、まるで会場にいるような雰囲気になってしまった。テレビ越しでもそれだけ人を惹き込ませ、雰囲気を作り出したのは彼の存在感ならではと思います」

 現役時代は大会で接する機会が多かった中野さん。初めて会ったのは羽生がジュニア時代の13歳の時だった。「フィギュアスケートを離れると、普通の男の子。可愛らしさもあります」と素顔を明かした。

 一方で「凄く真面目だし、勉強もします。進化を続けながら、フィギュアにまつわる勉強もしっかりとしている。そういう部分で手を抜かない。小さい頃から何事も熱心です」という。

「リンク外でも彼の姿勢は一緒でしたし、そこで学んだことが氷上に生きています。例えば、私は勉強のために舞台を鑑賞したり、映画、音楽に触れたり、芸術系の要素から吸収することが多い。選曲の作業では、踊りたい得意なジャンルがあるけど、彼は様々なジャンルの音楽を選んでいる。それは私生活で勉強していないと表現できないもの。陰の努力の証明でもあると思います」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集