[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「『強い』だけじゃ片付けられない」 中野友加里が感じるアスリート羽生結弦の凄み

「見えない努力」で羽生結弦は自らを超えていく【写真:Getty Images】
「見えない努力」で羽生結弦は自らを超えていく【写真:Getty Images】

「あっさり見られる」演技が凄いワケ「羽生選手の演技が一つの作品に…」

 25歳。今後注目されるのは、22年北京五輪の3連覇と前人未踏の4回転アクセル挑戦だ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 今シーズン、GPシリーズ連勝で挑んだGPファイナルは世界選手権2連覇のネイサン・チェン(米国)が優勝し、2位に。全日本選手権2位を経て、2月の4大陸選手権ではSP世界最高得点を叩き出すなどして初優勝。勢いに乗り、3年ぶりとなる優勝を目指した3月の世界選手権だったが、新型コロナウイルスの影響により、中止に。予期せぬ形で2019-20年シーズンは幕を下ろす形となった。

 今後について、中野さんは「進化し続けると思う」と伸びしろを強調し、4回転アクセルも可能性を否定しない。

「羽生選手が4回転アクセルを跳びたいと公言している以上、挑戦を見守りたいし、彼ならば可能性はあると思います。一方で、4回転アクセルがなくても彼本来の表現力、技術力が100%発揮されれば、敵なしかなとも思います。今、学校の道徳の教科書に載るくらい、後世に残る選手。4回転アクセルを跳ぶ、跳ばないに関わらず、語り継がれていくし、ここで止まる羽生選手でもないと思います」

 初めてフィギュアを見たライトなファンにとっては「なんとなく凄そうだけど、技術的にどんなところが凄いか分からない」ということもある。しかし、中野さんは「実は、まさにその感覚こそが彼の凄さを表現するものなんです」と持論を説いた。

「普通の選手であれば、ファンの方は『あ、ジャンプ跳んだ。スピンやった、ステップやった』と一つ一つの要素が独立し、切り離されたものとして、演技を見てしまうこともあります。しかし、羽生選手の場合は演技が一つのパッケージ、作品としてまとまっているので、どのジャンプもスピンも構成の一部かのようにこなしてしまう。だから、初めて見る方はあっさりと見られる。

 だけど、初めて見た人が『あっさり見られる』は、実は凄いことであり、奥が深いこと。音楽に選手が合わせて踊るけど、彼の場合は羽生選手がいて、音楽が後からついてくる。羽生選手のための音楽として存在している感じ。それこそ一つの作品となり、パッケージ化されたプログラム。そこが素晴らしいと思うし、その視点で見るとよりフィギュアスケートを楽しめると思います」

 難しいことをなんとかこなすのではなく、難しいことをいとも簡単に見せてしまうこと。それは一流の証しであり、フィギュアスケート選手という枠を超え、アスリートとして優れた資質でもある。中野さんが「彼はフィギュアスケーターというか『羽生結弦』なんですよね。羽生結弦として、生きている感じがします」と表現した言葉に、この男の本質が表れているのかもしれない。

 “芸術の表現者”としての価値がすべてじゃない。本物のフィギュアスケート選手であり、本物のアスリート。羽生結弦という孤高の才能は、氷の上に照らされ、眩い輝きを放ち続ける。

(終わり)

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集