[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中学時代の柴崎岳を指導 就任16年で“20冠”、昌平高校を変えた藤島崇之監督の育成論

第101回全国高校サッカー選手権埼玉大会が10月9日に開幕し、優勝候補筆頭の昌平高校は22日の3回戦から登場する。ここ10年ほどで埼玉県をリードする存在となり、全国有数の強豪に成長した進境著しいチームである。2017年に初のJリーガーが誕生すると、これまで6年続けて14人のプロ選手を輩出し、来季も2人のJリーグ入りが内定。FC東京へ加入予定のMF荒井悠汰は、JFA・Jリーグ特別指定選手として、すでに今季のルヴァンカップ予選リーグ3試合に出場した。強さと次々にニューカマーを生み出す背景を探る。(取材・文=河野 正)

プリンスリーグ関東1部の開幕戦に臨んだ昌平高の先発は、全員がLAVIDA出身【写真:河野正】
プリンスリーグ関東1部の開幕戦に臨んだ昌平高の先発は、全員がLAVIDA出身【写真:河野正】

「昌平高校サッカー部、躍進の理由」前編、就任8年目で異例の埼玉県初制覇

 第101回全国高校サッカー選手権埼玉大会が10月9日に開幕し、優勝候補筆頭の昌平高校は22日の3回戦から登場する。ここ10年ほどで埼玉県をリードする存在となり、全国有数の強豪に成長した進境著しいチームである。2017年に初のJリーガーが誕生すると、これまで6年続けて14人のプロ選手を輩出し、来季も2人のJリーグ入りが内定。FC東京へ加入予定のMF荒井悠汰は、JFA・Jリーグ特別指定選手として、すでに今季のルヴァンカップ予選リーグ3試合に出場した。強さと次々にニューカマーを生み出す背景を探る。(取材・文=河野 正)

 ◇ ◇ ◇

 1979年創立の東和大昌平時代は、埼玉県の公式戦で地区予選敗退を繰り返し、県大会にすら進めなかった。ところが2007年に学校名を昌平に変え、青森山田中(青森)でスペイン2部レガネスのMF柴崎岳らを指導した藤島崇之監督を招いたことが、栄華到来のきっかけとなる。

 柴崎の同級生だったFW日野口廉、MF簗場拓人ら3人の主力が転校してきた08年から本格的な強化に取りかかった。就任3年目の第88回全国高校選手権埼玉大会で初めてベスト16に進むと、3年続けて16強入りし頭角を現した。

 マイボールを丁寧に扱い、パスを丹念につなぎながら、軽やかなドリブルで敵陣を切り裂く戦法を根気良く続けてきた。今もこの方針に変わりはなく、ボールを自在に操る高い技術と迅速で的確な判断力の養成に腐心する。

 チームづくりの基盤は個の力を引き上げることだ。藤島監督は「毎年いろんな個性の選手が加入するので、それだけ多様なサッカーが可能になりますが、ベースはボールを失わないこと。ボールをしっかり握っていれば得点チャンスは増え、失点のリスクも抑えられます」と着任当初から貫いてきた自らの哲学を説明する。

 就任8年目、強化に本腰を入れてわずか7年目だった2014年。2月の県新人大会を制して初タイトルを手にすると、11月の第93回高校選手権埼玉大会でも初優勝という異例の“スピード昇進”を遂げた。指揮官は「強豪がひしめく埼玉で、短期間のうちに頂点に立てたのは大きな自信になりました」と回顧する。

 17年のチームは偉大だった。県新人大会を手始めに関東高校大会と全国高校総体(インターハイ)の両予選、高校選手権埼玉大会、プリンスリーグ関東につながる県S1リーグを制し、史上初の県内五冠に輝く。関東高校大会では初優勝も遂げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集