[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中学時代の柴崎岳を指導 就任16年で“20冠”、昌平高校を変えた藤島崇之監督の育成論

来季のJリーグ入りが内定した荒井悠汰(左)と津久井佳祐。ともにLAVIDAでプレーした【写真:河野正】
来季のJリーグ入りが内定した荒井悠汰(左)と津久井佳祐。ともにLAVIDAでプレーした【写真:河野正】

守備面が課題で「使い切れなかった選手もいる」

 常勝チームに生まれ変わった要因の1つとして、完成度の高い組織的な守りと個々の守備意識も見逃せない。どのポジションの選手もマイボールを保持するのが上手だが、失うと同時に条件反射的に奪い返す動きに移行する。藤島監督は「能力が高かったのに、守りが課題で使い切れなかった選手もいます」と言う。

 高体連所属としては、FC東京史上初の高校2年で加入が内定した荒井は、「チームを助けられる選手になることを常に考えてきました。ゴールとアシストはもちろん、守りでも貢献できるのが真の中心選手だと思っている」とし、心得の絶対条件に守備での頑張りを挙げた。

 埼玉県高体連サッカー専門部には現在169校が加盟し、ひとかどのチームの合言葉は「打倒・昌平」で一致する。今や、万人が認める埼玉の第一人者となった。

「これからますます、ラヴィーダ出身の選手が昌平で活躍すると思うので、個の特長を前面に押し出したチームづくりが進みそうです」

 ラヴィーダとは昌平の下部組織に当たる中学生年代の街クラブ、FC LAVIDAである。昌平のコーチでもある村松明人監督は、“兄弟チーム”の関係についてこう語り、“中高一貫指導”の成果と利点にも触れた。LAVIDAも昌平とまったく同じ軌跡を辿り、短期間のうちに国内トップ級の強豪へ成長するとともに、傑出した選手を多数輩出。そんな魅力的な人材が毎年続々と加入してくるのだから、昌平の最盛期が到来するのはこれからだろう。

【後編】創設10年でJリーグ下部組織に匹敵 “LAVIDA→昌平高校”で実現する6年間の選手育成

(河野 正 / Tadashi Kawano)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集