[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邉拓馬氏が小学生と“個人面談” 元バスケ日本代表から故郷の子どもたちに金言

東北南部が梅雨明けする前日の8月1日、福島県南相馬市の小学生たちが元バスケットボール日本代表選手とオンラインを通じて有意義な時間を過ごした。この日、オンライン会議システム「Zoom」上で行われたのは「東北『夢』応援プログラム」の中間発表イベント。ここで福島出身の渡邉拓馬氏と鹿島ミニバスケットボールスポーツ少年団の子どもたち16名が交流を図った。

渡邉拓馬氏(左上)が「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」中間発表イベントに参加した【写真:編集部】
渡邉拓馬氏(左上)が「Zoom」上で行われた「東北『夢』応援プログラム」中間発表イベントに参加した【写真:編集部】

「東北『夢応援』プログラム」の中間発表イベントにオンラインで参加

 東北南部が梅雨明けする前日の8月1日、福島県南相馬市の小学生たちが元バスケットボール日本代表選手とオンラインを通じて有意義な時間を過ごした。この日、オンライン会議システム「Zoom」上で行われたのは「東北『夢』応援プログラム」の中間発表イベント。ここで福島出身の渡邉拓馬氏と鹿島ミニバスケットボールスポーツ少年団の子どもたち16名が交流を図った。

 東北「夢」応援プログラムは、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた、年間を通して子供たちの夢や目標を応援するプログラムだ。「夢応援マイスター」を務めるアスリートや元アスリートが、参加する子供たちがそれぞれに掲げる1年後の目標に向かって、遠隔指導ツール「スマートコーチ」でサポート。1日限りのイベントで子供たちとの交流を終えるのではなく、離れた場所でも動画やSNSを通じて継続したプライベートレッスンが受けられるという画期的な試みだ。

 通常であれば、渡邉氏が現地に赴き、子どもたちと直接対面。バスケットボールの技術指導やコミュニケーションを図りながら、子どもたちの成長を確かめる場となっているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンラインでの実施となった。

 冒頭で「今回そちらには行けませんが、皆さんの日頃の成長は『スマートコーチ』で見ていますよ。今日は楽しく取り組んで下さい」と呼びかけた渡邉氏は、まずは家でもできるウォーミングアップを伝授。床に座って脚を伸ばした姿勢をとり、脚の周りを指先でドリブルしながらボールを動かしたり、立った姿勢で10秒間、左右の手でそれぞれ思い切り速くドリブルをしたり。普段はやりなれないウォーミングアップに苦戦する子どもたちもいたが、渡邉氏は笑顔を見せながら「頭の位置はなるべく変えないで」「お尻をしっかり落とすイメージで」と的確なアドバイスを送った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集