[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「腹の出たオヤジが超上手い」 育成出身コーチが断言する、日本サッカーの“幸福な未来”

サッカーは「超楽しいもの」だと、2018年からなでしこリーグ2部のちふれASエルフェン埼玉を指揮する菅澤大我は言い切る。

日本サッカーの“幸福な未来”について熱弁を振るった、ちふれASエルフェン埼玉の菅澤大我監督【写真:加部究】
日本サッカーの“幸福な未来”について熱弁を振るった、ちふれASエルフェン埼玉の菅澤大我監督【写真:加部究】

【“読売育ち”菅澤大我、気鋭コーチの育成論|最終回】「超楽しい」サッカーの基盤にある「裏をかくプレー」

 サッカーは「超楽しいもの」だと、2018年からなでしこリーグ2部のちふれASエルフェン埼玉を指揮する菅澤大我は言い切る。

 その楽しさの基盤を成すのは「相手の裏をかく」ことだという。

 1973年、日本サッカーがアマチュアだった頃の話である。JSL(日本サッカーリーグ)でプレーした元プロのセルジオ越後がCKからのボールを胸で止め、シュートモーションに入ると相手GKを含めてDF全員が後ろを向いてしまった。セルジオはそれを見て、軽くポンとゴールネットを揺する。

「蹴ると決めたら必ず蹴る。そんな融通の利かないプレーばかりで、フェイントをかける楽しさも、かけられる悔しさも知らなかった」(拙著「サッカー移民」よりセルジオ談)

 だが1969年創設の読売クラブ(現・東京ヴェルディ)では、当初からジョージ与那城を筆頭に「裏をかく楽しさ」の表現者が存在し、日本の選手たちもそれを引き継ぐ流れができていた。

 菅澤は語る。

「相手の逆を取り、内心でニヤリとほくそ笑む。それが楽しさの原点。まずカジュアルな裏の取り方があり、本質的な素晴らしい裏の取り方があって、それができるようになると今度はチームとして相手の逆を取れるようになる。それを知ることができる環境を整えてあげるのが、僕らの仕事のすべてと言ってもいい」

 熱弁は続いた。

「逆を取れて楽しいと感じる。それが一つのゴール。でもそこで終わるわけではなく、プレーは続いていく。サッカーでは、いろんな“ゴール”があっていい。いくつもの通過するゴールを散りばめておくと、選手たちもきつくても自然と走る。終わってみたら“あ~、きつかった”と、それがベストなトレーニング。もちろん要領よくさぼる選手もいて、それが悪いとは思わない。でもそこで“あと2歩3歩動かないといけない”と思えるようになると、“タフ”という項目が伸びていく」

 実は昭和の指導者のみならず、多くの選手たちが勘違いをしている。

「同じ時間を素走りするのと、ボールを使いながら走るのでは、絶対に後者のほうが負荷が高いんです。でもほとんどの選手たちは、ボールを使ったほうが楽だと信じていますよ」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集