[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「腹の出たオヤジが超上手い」 育成出身コーチが断言する、日本サッカーの“幸福な未来”

菅澤監督は“超楽しいサッカー”を思う存分満喫する人が増えて欲しいと願う【写真提供:ちふれASエルフェン埼玉】
菅澤監督は“超楽しいサッカー”を思う存分満喫する人が増えて欲しいと願う【写真提供:ちふれASエルフェン埼玉】

「きつかった話で盛り上がる飲み会をしている人たちは、僕の中では失敗」

 将来はフロントに入り、現場の指導者を支える側に回ることも考えている。

「結局コーチがハッピーになれば、選手に還元されますからね。監督やコーチは孤独で厳しい職業なので、それを上回る理論や経験を持つパートナーがいて、理解を示し寄り添ってあげれば楽になると思うんです」

 “超楽しいサッカー”だからこそ、思う存分満喫する人が増えて欲しいと願う。

「最後やめる時は、すり切れるのではなく、もう5万回も抜いたし、楽しいことは全部やり尽くしたからOKと終わって欲しい。みんなアカデミーの指導者も含めてプロにすることが正解だと考えているかもしれないけど、絶対にそんなことはないと思うんです。タバコも酒もやって腹の出たオヤジが実は超上手い。それこそ最高のゴールじゃないですか。

 だから兵隊みたいなサッカーをやって、きつかった話で盛り上がる飲み会をしている人たちは、僕の中では失敗です。どれだけ山を走ったとか、僕が求めたいのはそれじゃない。楽しくなくていいなら、別にサッカーをやる必要はないんです」

 これから人口は減少の一途を辿る。しかしその中で、サッカー愛好者の比率を増やしていきたいと思う。

 それが菅澤の考える幸福である。

[プロフィール]
菅澤大我(すがさわ・たいが)

1974年6月30日生まれ。96年に自身が選手として所属した読売クラブ(現・東京V)ユースのコーチとなり、元日本代表FW森本貴幸、日本代表MF小林祐希ら多くの逸材を発掘し育てた。2005年限りで退団すると、その後は名古屋、京都、千葉、熊本とJクラブの下部組織コーチを歴任。18年になでしこリーグ2部のちふれASエルフェン埼玉の監督になると、昨季の皇后杯ではクラブ史上初のベスト4進出に導いた。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集