[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【飛込】 東京五輪に続く若きダイバーの戦い 宮本葉月が涙の逆転V「たとえ50点差が開いても」

敗れた安田は脱帽「3年生はやはり強かった。悔しいけど、満足です」

「70.50」

 宮本は3年間の悔しさをぶつけた渾身の演技で、夏の決戦のフィナーレを飾った。「最高! 完璧でした。自分を褒めてあげたい。最後に日本代表としての演技を見せることができた。ガッツボーズをしたのは、初めて。ちょっと恥ずかしいですね」と宮本は少し照れながら清々しい笑顔を見せた。

 一方、最後まで宮本を追いつめた1年生の安田は、「3年生はやはり強かったです」と潔く負けを認め、「1位を獲れるチャンスもあったので、試合をしていて楽しかった。悔しいけど、満足です。まずは全国JOCジュニアオリンピックカップで1位を獲り、来月の国体、日本選手権でいい結果を出したい。来年は(昨年の日本室内選手権3メートル飛び板でも優勝した)金戸凜(中学3年=日出)が入ってくる、そこでもおもしろい試合ができたらと思います」と前を向いた。

 最後の夏を最高の演技で締めくくり、アジア大会に旅立つ宮本。JOCアカデミーで日々成長を続ける安田。そして全中を3連覇した金戸凛。若きダイバーの熱い戦いは、2020年へと続いていく。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集