[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

同級生部員ゼロの3年間 松山北・松岡龍司が1人だからこそ気付けた「柔道は団体競技」

柔道の全国高校総体(インターハイ)は8日、競技3日目が行われた。個人戦の男子100キロ超級に出場した松山北(愛媛)の松岡龍司(3年)は、同校でたった1人の3年生部員。3年間、ずっと同級生なしで練習を続けてきた。理想より1つ上の階級で出場し、初戦敗退だったが、高校最後の試合は悔いなく終わった。(取材・文:THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

松山北・松岡(右)は同級生部員ゼロの3年間を過ごした【写真:宮内宏哉】
松山北・松岡(右)は同級生部員ゼロの3年間を過ごした【写真:宮内宏哉】

インターハイ柔道に出場、松岡龍司は松山北で唯一の3年生部員

 柔道の全国高校総体(インターハイ)は8日、競技3日目が行われた。個人戦の男子100キロ超級に出場した松山北(愛媛)の松岡龍司(3年)は、同校でたった1人の3年生部員。3年間、ずっと同級生なしで練習を続けてきた。理想より1つ上の階級で出場し、初戦敗退だったが、高校最後の試合は悔いなく終わった。(取材・文:THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 高校3年間、悩みを打ち明けたり、時にぶつかり合ったりする同級生部員はいなかった。だからこそ、松岡は柔道を通じて関わった全ての人へ、熱い思いを口にした。

「後輩には、ついてきてくれてありがとう、それしかないです。普段、一緒にいる時は先輩面してきましたが、後輩がいないと練習自体ができない。初心者から勧誘して入ってくれた子もいる。『先輩みたいになりたい』と思わせられるような試合がしたいと思い、頑張れた。先輩、周りの方々含めて感謝しかありません」

 小学4年生から柔道を始め、中学では90キロ級で四国大会8強入りするほどの実力をつけた。学年20位内に入る学力も持ち合わせていたため、柔道一本ではなく、文武両道を目指して松山北に入学した。

 校訓に「文武心」を掲げるなど、愛媛県内では進学校でありながら部活動も盛んなことで知られる松山北。ただ、運の悪いことに松岡の世代は他に柔道部に入る同級生がいなかった。「当時の自分には、凄くしんどかった」。2年生になり、後輩の勧誘にも力を入れた。

 部活前の30分程度、新入生のもとで柔道の魅力を語る日々。「初心者でもぜひ」と声をかけ、無事に複数人が集まった。今では後輩が11人いる。精神力、リーダーシップが自然と磨かれた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集