[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

能代工、名門復活は道半ば 「県47連覇」以来2年ぶり全国で完敗「これが今の最高」

全国高校総体(インターハイ)の男子バスケットボール1回戦(県営あづま総合体育館)で全国優勝58度を誇る名門・能代工(秋田)が正智深谷(埼玉)に63-86で完敗。「県47連覇」以来、帰ってきた全国で1勝はならなかった。

インターハイ1回戦、全国V58度の元王者が初戦敗退…監督「今日より明日」

 全国高校総体(インターハイ)の男子バスケットボール1回戦(県営あづま総合体育館)で全国優勝58度を誇る名門・能代工(秋田)が正智深谷(埼玉)に63-86で完敗。「県47連覇」以来、2年ぶりに帰ってきた全国で1勝はならなかった。

 初戦敗退を告げるブザーが鳴り響くと、能代工の選手はサバサバとして表情で整列した。63-86。完敗だった。栄田直宏監督は「試合を通じて彼らのいいところを出してやることができなかった。残念です」と唇をかんだ。

 かつての王者が圧倒された。試合序盤からオフェンスリバウンドを取られ、2次、3次攻撃で得点を奪われた。シュートも精度を欠き、「悪い展開では向こうの確率が良く、うちの確率が悪いと感じるもの」と指揮官。前半を終えて28-47と19点ビハインド。「全員で自分たちのバスケットをしよう」と声をかけあったが、後半も流れは変わらず、最後は23点差の大差で敗れた。

「空中の粘りがもっと必要だった。もっと大差で負けた試合でも、いいところはある。ただ、そういういい時間帯を継続して出せるのが強さ。序盤に私が引き出すことができず、申し訳ない」と栄田監督は敗因を背負い込んだ。

「挑戦者」となって挑んだ舞台だった。昨年の県大会決勝、平成に68-100で敗れ、1969年から続く県総体連覇は「47」で途絶えた。一つの時代が終わり、新たな時代が始まった。栄光の次に待っていたのは、苦難だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集