[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

國學院久我山、公式戦無敗で10度目全国切符 日本一も視野「全国でも暴れたい」

「南部九州総体2019」(インターハイ)の男子サッカー東京都大会は、22日に駒沢第2球技場で準決勝を行い、第2試合は國學院久我山高校が延長戦で駒大高を破り、2年連続10度目の全国大会出場を決めた。3得点を挙げたFW山本航生(3年)は「今年は東京都では負けていないけど、インターハイで全国の強豪校に勝てれば、さらに自信になる。自分が点を取れれば勝てると思うし、全国でも暴れたい」と大舞台での躍進を誓った。

国学院久我山は、公式戦14戦全勝でインターハイへ【写真:平野貴也】
国学院久我山は、公式戦14戦全勝でインターハイへ【写真:平野貴也】

駒大高を延長戦で撃破、3得点のFW山本航生「自分が点を取れれば勝てる」

「南部九州総体2019」(インターハイ)の男子サッカー東京都大会は、22日に駒沢第2球技場で準決勝を行い、第2試合は國學院久我山高校が延長戦で駒大高を破り、2年連続10度目の全国大会出場を決めた。3得点を挙げたFW山本航生(3年)は「今年は東京都では負けていないけど、インターハイで全国の強豪校に勝てれば、さらに自信になる。自分が点を取れれば勝てると思うし、全国でも暴れたい」と大舞台での躍進を誓った。

 試合は、両チームの特徴が反映されたゴールの奪い合いとなった。伝統的にパスワークが巧みな國學院久我山は、序盤からボールを支配。鮮やかなパス回しで攻め込むと、前半19分にFW戸坂隼人(3年)のラストパスをFW山本航がニアサイドで合わせて先制に成功した。対する駒大高は、ロングパスやハイボールでコンタクトプレーの強さを見せる堅守速攻スタイル。前半30分、FKを相手GKがキャッチし損ねたボールを見逃さずにMF内田哲平(3年)がゴールへ押し込み、同点とした。

 後半も先に得点したのは、國學院久我山だった。後半6分、今度は、タッチラインを目一杯使った技ありのボールコントロールを見せたFW山下貴之(3年)がドリブルで左サイドを崩し、再びFW山本航が中央で合わせて勝ち越した。その後も國學院久我山が攻撃サッカーで観衆を魅了。特にインサイドMFの田中琢人(2年)、大窟陽平(2年)が周囲からパスを引き出し、相手を引き寄せながら3トップや攻撃参加するサイドバックに好配球を繰り出す流れは、見事だった。ところが、駒大高は後半36分に得意の空中戦で競り合い、こぼれ球をつないでFW青木優音(2年)がシュートを放つと、相手に当たってゴール。2-2として延長戦に持ち込んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集