[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

主将DF“感涙”…関東第一が2年連続全国出場 小野監督「恥ずかしくないサッカーを」

昨年は全国大会2回戦でPK戦負け

 大成も終盤まで諦めずに1点を追いかけたが、東京都1部リーグで最少失点を誇る関東第一が堅守で対応。後半アディショナルタイム、関東第一がカウンターを仕掛けると、大成のGKバーンズが戻り切れず、ペナルティーエリア外で手を使ってシュートを止めてしまい、退場処分。拮抗した試合で要所を締めた関東第一が、2-0で勝利をものにした。

 追加点を奪った本間は「個人としては、初めての全国大会。100回記念と歴史的なタイミングで出られて、ものすごく嬉しく思います」と喜んだ。

 昨年は、全国大会2回戦にPK戦で敗れたが、内容面の手応えはあった。小野貴裕監督は「(コロナ禍で、それまでの普通が難しくなった)特別な2年間があって、サッカーをやらせていただいていること、環境を準備してくれている方がいることに感謝している。そして、高校サッカーとして積み重ねた100回の記念大会。感謝の気持ちを持って臨みたい。それを示すため、最大限のパフォーマンスを出すことが、残りの期間にやらなければならないこと。満足することなく、東京の代表として恥ずかしくないサッカーをしたい。昨年の先輩たちは2試合とも良い内容の試合をやってくれた。良い内容を今度は結果に結び付けられるように、胸を張って戦えるように準備したい」と意気込んだ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集