[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青森山田に敗れて知った「高校最強レベル」 堀越が2年連続全国へ、“8強超え”再挑戦

第100回全国高校サッカー選手権の東京都大会は13日、駒沢陸上競技場で決勝戦が行われ、Aブロックは堀越が4-2で國學院久我山を破り、2年連続4度目の全国大会出場を決めた。堀越は、前回大会で全国ベスト8。当時から主力で今季の主将を務める宇田川瑛琉(3年)は、「昨年は先輩たちのおかげで全国のレベル、基準を学ぶことができた。昨年を超えられるように目の前の試合から取り組んでいきたいし、まだ今日も課題が出たけど、修正しながらレベルも成長速度もまだ上げられる」と語り、昨年の全国大会準々決勝で青森山田(青森)に0-4で敗れた会場で、日本一への再挑戦を誓った。

2年連続4度目の全国大会出場を決めた堀越【写真:平野貴也】
2年連続4度目の全国大会出場を決めた堀越【写真:平野貴也】

高校サッカー選手権東京都Aブロック決勝、國學院久我山を4-2で破り2年連続4度目の全国出場

 第100回全国高校サッカー選手権の東京都大会は13日、駒沢陸上競技場で決勝戦が行われ、Aブロックは堀越が4-2で國學院久我山を破り、2年連続4度目の全国大会出場を決めた。堀越は、前回大会で全国ベスト8。当時から主力で今季の主将を務める宇田川瑛琉(3年)は、「昨年は先輩たちのおかげで全国のレベル、基準を学ぶことができた。昨年を超えられるように目の前の試合から取り組んでいきたいし、まだ今日も課題が出たけど、修正しながらレベルも成長速度もまだ上げられる」と語り、昨年の全国大会準々決勝で青森山田(青森)に0-4で敗れた会場で、日本一への再挑戦を誓った。

 試合は、少しヒヤリとする展開だった。

 前半は立ち上がりこそ相手の速攻を受けたものの、堀越が次第にペースを握る。前半10分に右サイドからの低いラストパスを左MF山口鉄星(3年)が決めて先制すると、同22分には右CKをFW高谷遼太(1年)が頭で合わせて追加点を奪う上々の出だし。さらに同31分、相手CKを跳ね返すと、そのままカウンターに移行し、山口がワンツーで中盤を突破。カバーに走ってきた相手2人のスライディングブロックを切り返しでかわしてダメ押しの3点目を奪った。山口は「左足でシュートを打とうと思ったが、ボールが少し流れたので、右の良い位置に置いた。落ち着いて流し込むことができた、良いゴールだった」と手応えを語った。

 完璧な40分だったが、ロースコア勝負を考えていた堀越の佐藤実監督は「このまま終わるわけがないと思っていた。むしろ、不安の方が大きかった」と振り返ったが、その言葉通り、その後は選手交代で攻撃の圧力を増していく國學院久我山の猛反撃を受けた。

 國學院久我山は、前半34分に投入されたFW塩貝健人(2年)が推進力を見せてゴールへ迫る。後半5分に塩貝、3分後には左FW中山織斗(2年)がシュートと、後半はいきなりの攻勢。そして同12分、相手のゴールキックを跳ね返して中盤でマイボールにすると、MF山脇舞斗(1年)がドリブルからスルーパス。抜け出た塩貝が1点を返して、反撃の狼煙を上げた。さらに同20分、左CKを途中出場のFW鷹取駿也(2年)が頭で合わせて2点目。1点差に追い上げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集