[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活V宇野昌磨を米メディア称賛 「とてつもない点差」「五輪メダル候補のバトル」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は13日、東京・国立代々木競技場で男子フリーが行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が187.57点、合計で自己ベストとなる290.15点で、3年ぶり2度目の優勝を果たした。海外メディアも「五輪メダル候補者のバトルでゾウに大差」「とてつもない29.46点差」と称賛している。

合計で自己ベストとなる290.15点で、3年ぶり2度目の優勝を果たした宇野昌磨【写真:AP】
合計で自己ベストとなる290.15点で、3年ぶり2度目の優勝を果たした宇野昌磨【写真:AP】

宇野昌磨がNHK杯で3年ぶりGPシリーズV

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は13日、東京・国立代々木競技場で男子フリーが行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が187.57点、合計で自己ベストとなる290.15点で、3年ぶり2度目の優勝を果たした。海外メディアも「五輪メダル候補者のバトルでゾウに大差」「とてつもない29.46点差」と称賛している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 華麗な舞いで観衆を熱くさせた。米放送局「NBCスポーツ」は「ショウマ・ウノが3年ぶりのNHK杯優勝でビンセント・ゾウを寄せつけず」との見出しで復活Vを報道。3週間前のスケート・アメリカでネイサン・チェン(米国)を上回った今大会2位ゾウとの争いに注目し、「五輪メダル候補のバトル」と評している。

 宇野はショートプログラム(SP)とフリーで4回転ジャンプを計6度着氷。合計260.69点で2位となったゾウとの得点差に「とてつもない29.46点差」と表現している。

 記事では苦難の道のりにも注目。「ウノは2018年以来のグランプリシリーズ優勝を果たした。2019年には惨憺たるグランプリシリーズの後、この競技から離れることも検討した。彼は立て直し、2019年12月の日本選手権でユヅル・ハニュウ相手に優勝し、2021年の世界選手権は4位だった」と報じている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集