[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 思ってもみなかった“父娘鷹” 大阪桐蔭、「いつまでおるねん」から掴んだ日本一

思ってもみなかった“父娘鷹” 大阪桐蔭、「いつまでおるねん」から掴んだ日本一

思ってもみなかった“父娘鷹”での日本一が実現した。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は28日に第6日を行い、女子の決勝は大阪桐蔭(大阪)が2度の延長戦の末に86-84で安城学園(愛知)を下して初優勝を飾った。陣頭指揮を執った元日本代表の永井雅彦アシスタントコーチと、体を張ったリバウンドで勝利に貢献した永井唯菜は、親子。父と娘の共闘で日本一に輝いた。

体を張ったリバウンドで勝利に貢献した娘・永井唯菜【写真:平野貴也】
体を張ったリバウンドで勝利に貢献した娘・永井唯菜【写真:平野貴也】

指揮執った父・永井コーチと娘・唯菜、順番が逆だった共闘で実現した初優勝

 思ってもみなかった“父娘鷹”での日本一が実現した。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会は28日に第6日を行い、女子の決勝は大阪桐蔭(大阪)が2度の延長戦の末に86-84で安城学園(愛知)を下して初優勝を飾った。陣頭指揮を執った元日本代表の永井雅彦アシスタントコーチと、体を張ったリバウンドで勝利に貢献した永井唯菜は、親子。父と娘の共闘で日本一に輝いた。

 決勝における永井唯菜の活躍は、見事だった。試合は、大阪桐蔭にとって厳しい展開だった。日本女子代表の合宿に参加した経験を持つエースセンターの竹原レイラが、相手の徹底したマークで封じ込まれてしまったからだ。安城学園はダブルチームでプレッシャーをかけ、すかさず3人目も寄せて囲い込むほどの徹底ぶりで、竹原に何もさせなかった。終盤は、ファウルが重なったこともあり、竹原のベンチに下げる時間が多くなった。

 大阪桐蔭は、全員がアウトサイドに広がって、相手の守備を分散させ、外角シュートやドライブ勝負を仕掛ける攻撃を展開。そして、味方が外角シュートを放つと、永井が誰よりも早くゴール下へ走り込み、リバウンド、あるいはルーズボールを拾って二次攻撃につなげた。

 第4ピリオドだけで7本、2度のオーバータイムで5本とリバウンドを取り続け、「リバウンドは得意というか、自分にできるプレー。競っていたので、とにかくボールが落ちる位置を予測して、意地でも取りに行こうと思っていました」と試合を振り返った永井のプレーが大阪桐蔭の粘り勝ちを呼び込んだ。

 父と一緒に日本一に輝いたが、最初からそのつもりだったわけではない。親子が指導者と選手の立場になることは、それほど珍しくない。ただ、同じチームに所属する場合、多くは親が先にいて、子どもが後から入って来るパターンだ。しかし、永井親子の場合は、順番が逆だった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー