[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】直球にしか見えない!? “史上最高ドラ1右腕”の「無慈悲」チェンジアップに米仰天

【名珍場面2017】直球にしか見えない!? “史上最高ドラ1右腕”の「無慈悲」チェンジアップに米仰天

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグ(MLB)のプレーオフで快投を演じた“史上最高ドラ1右腕”の「無慈悲チェンジアップ」。ストレートと見間違う変化球で空振り三振を奪取し、MLB公式が「なんとも無慈悲だ」とツイッターに動画付きで紹介すると「投げ出した直後は直球にしか見えない」「狙っていてもかすりもしない」と話題を呼んだ。

“史上最高ドラ1右腕”とも形容されるナショナルズのストラスバーグ【写真:Getty Images】
“史上最高ドラ1右腕”とも形容されるナショナルズのストラスバーグ【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のMLBプレーオフで“無慈悲ボール”に脚光

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグ(MLB)のプレーオフで快投を演じた“史上最高ドラ1右腕”の「無慈悲チェンジアップ」。ストレートと見間違う変化球で空振り三振を奪取し、MLB公式が「なんとも無慈悲だ」とツイッターに動画付きで紹介すると「投げ出した直後は直球にしか見えない」「狙っていてもかすりもしない」と話題を呼んだ。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 無残にバットは空を切った。絶品の変化球を投じたのは、ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手だ。10月11日(日本時間12日)の地区シリーズ第4戦カブス戦。1-0でリードして迎えた4回1死二塁だった。

 一打同点のピンチで迎えた5番の左打者ゾブリストをカウント1-2と追い込んだ。そして、4球目に投じたのは、チェンジアップ。この1球が話題を呼んだ。直球と同じ腕の振りで放たれた白球は、打者の手元で急にスピードが失速したかのように沈み、打者から逃げるようにして外角へ。ゾブリストは完全にタイミングがずれ、腰砕けのような状態になり、バットが空を切った。

 チェンジアップといえば、握りを変えて直球と同じ腕の振りで投げることのより、打者のタイミングを外す効果が大きいが、ストラスバーグが投じた1球はまさにお手本というべき、効果を発揮していた。

 MLB公式は「スティーブン・ストラスバーグのチェンジアップ、彼はなんとも無慈悲だ」と称賛し、ツイッターに動画付きで紹介。すると、映像で目の当たりにしたファンから驚きの声が続々と上がった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー