[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 元バレー女子代表監督・眞鍋氏の哲学 世界に勝つための鍵は「非常識を常識に」

元バレー女子代表監督・眞鍋氏の哲学 世界に勝つための鍵は「非常識を常識に」

世界と渡り合うためにはどうすればいいか――。

体格差を埋める日本人特有の長所…レシーブ力を磨くべく妥協なき練習を展開

 世界と渡り合うためにはどうすればいいか――。

 スポーツの世界においては永遠のテーマである。

 とりわけ、縦18メートル×横9メートルの限られたエリア内で、高さ2.43メートル(女子は2.24メートル)のネット越しにボールを返さなければならないバレーボールにおいては、身長や身体能力の高さがものを言うだけに、その対処法は勝敗を大きく左右することになる。

「背が低い日本が諸外国に勝つためには、同じことをしてもダメ。日本のオリジナルというか、『非常識を常識に変える』くらいやらないと世界には絶対に勝てない、と選手たちには口酸っぱく言っていました」

 そう語るのは、元全日本女子監督の眞鍋政義氏だ。2008年12月に全日本女子監督に就任。データを駆使した「IDバレー」で2010年の世界選手権で32年ぶりのメダル、12年のロンドン五輪では28年ぶりの銅メダルをもたらした名将はこう話す。

「平均身長で5センチ差があったら、リーチは倍違うと言われます。体格で敵わない分、日本人特有の長所を伸ばしていかないといけない。そのひとつがレシーブ力です。レシーブの練習だけは妥協せずにやりました」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー