[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

静岡学園が24年ぶり高校日本一 前回王者・青森山田に2点差逆転勝ち、令和初代王者に

第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。

決勝ゴールを決め、チームメイトに祝福される静岡学園の中谷颯辰(中央)【写真:荒川祐史】
決勝ゴールを決め、チームメイトに祝福される静岡学園の中谷颯辰(中央)【写真:荒川祐史】

初の単独優勝で名門復活アピール、後半40分にDF中谷が決勝ゴール

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。

 空席がほとんどない、大観衆の中で行われたこの試合。青森山田は前半11分に得たフリーキックのチャンスで、J1横浜FC内定のMF古宿理久(3年)がエリア外から正確なボールをゴール前へ供給。これをDF藤原優大(2年)が頭で合わせ、準決勝までの5試合で失点がなかった静岡学園から先制点を奪った。前半33分にはJ1浦和内定のMF武田英寿(3年)がエリア内へ攻め込んだところで、キーパーに倒されてPKを獲得。自らゴール右隅に決めて追加点を奪った。

 静岡学園は前半アディショナルタイム、フリーキックからゴール前にこぼれてきたところをDF中谷颯辰(3年)が右足で叩き込み、1点を返すと勢いに乗った。後半に入り、MF草柳祐介(3年)を投入。すると16分、代わった草柳のパスをペナルティエリア手前で受けたFW加納大(2年)が左足を振りぬき、ゴールネットを揺らした。左ひざの故障もあり、今大会初先発となった背番号9が、初得点で期待に応えた。

 静学の勢いは止まらない。後半残り5分に差し掛かったところで、中谷がこの日2得点目となる勝ち越しヘッドを決めた。試合はそのまま終了。静岡学園が24年ぶりに王座をつかんだ。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集