[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「中国最愛の人だ」 中国人気に米メディアは「英雄」「SNSの勝利者」認定

北京五輪のフィギュアスケート男子シングルで4位となった羽生結弦(ANA)。フリーでの4回転アクセル挑戦、エキシビションの「春よ、来い」熱演など、大会期間中は中国でも大いに話題となった。米メディアは、中国のSNSにおける羽生の圧倒的な人気ぶりに注目。「アイス・プリンスは中国最愛の人になった」と今大会の“英雄”として脚光を浴びせている。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

羽生は中国SNS「微博(ウェイボー)」で複数回トレンド入り

 北京五輪のフィギュアスケート男子シングルで4位となった羽生結弦(ANA)。フリーでの4回転アクセル挑戦、エキシビションの「春よ、来い」熱演など、大会期間中は中国でも大いに話題となった。米メディアは、中国のSNSにおける羽生の圧倒的な人気ぶりに注目。「アイス・プリンスは中国最愛の人になった」と今大会の“英雄”として脚光を浴びせている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「中国の有力プラットフォーム、『微博(ウェイボー)』が北京五輪の最愛の人と悪魔に喩えたアスリートとチーム」と見出しを打って記事を掲載したのは、米メディア「インサイダー」だった。

 5億7300万ユーザーを持つ中国版SNS「微博」でも北京五輪関連のワードがトレンドに上がったが、特集では「中国のネットユーザーの心を鷲掴みにした者」を「英雄」として紹介。筆頭に羽生を選出している。

 まず「日本のアイス・プリンス、ユヅル・ハニュウは中国最愛の人となり、政治的な分断の架け橋となる」と紹介。史上初の4回転アクセル成功の夢は果たせなかったが、「日本のアイス・プリンスは微博におけるゲームの勝利者となった」と記されている。

 8日のショートプログラム(SP)の後には「なぜ我々はユヅル・ハニュウを愛するのか」というハッシュタグがトレンドのトップになり、10日のフリーの演技後には4回転アクセルを意味する「4A」の二文字もトレンド化したことも伝えられている。

 記事では他の“英雄”として、女子スキーで2冠を達成した谷愛凌、スノーボード男子ビッグエアで優勝した蘇翊鳴の中国勢を選出。一方、米国生まれのフィギュアスケート中国代表ジュ・イー(朱易)がミスが続いた団体戦で、中国国内の過剰なバッシングを受けたことなども紹介している。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集