[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高木美帆、最終1000mで涙の金! 渾身の五輪新で個人種目初V、5種目7レースで有終

北京五輪は17日、スピードスケート女子1000メートル決勝が行われ、2018年平昌五輪銅メダルの27歳・高木美帆(日体大職)は1分13秒19の五輪レコードでメダルを確定させた。異例の長短5種目7レースに出場し、今大会4個目のメダル獲得。日本選手団主将が大車輪の活躍で今大会を終えた。

女子1000mで、五輪レコードで金メダルを獲得した高木美帆【写真:AP】
女子1000mで、五輪レコードで金メダルを獲得した高木美帆【写真:AP】

北京五輪スピードスケート女子1000メートル決勝

 北京五輪は17日、スピードスケート女子1000メートル決勝が行われ、2018年平昌五輪銅メダルの27歳・高木美帆(日体大職)は1分13秒19の五輪レコードで金メダルを獲得した。異例の長短5種目7レースに出場し、今大会4個目のメダル獲得。日本選手団主将が大車輪の活躍で今大会を終えた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 内レーンの高木は序盤から前に出ると、勢いよく滑走。暫定トップのタイムを上回るペースで後半に入り、最後は歯を食いしばりながらフィニッシュした。五輪レコードに渾身のガッツポーズ。2組を残し暫定トップに立ち、呼吸を整えながら大きく喜びを表現した。

 金メダルが決まると、立ち上がって大喜び。スタッフらと抱き合い、涙を流した。

 高木は1500メートル、500メートル、姉の高木菜那、佐藤綾乃と出場した団体追い抜きの3種目で銀メダルを獲得。平昌(金1、銀1、銅1)を含めて通算6個目のメダルとなり、柔道・谷亮子、アーティスティックスイミングの武田美保、立花美哉の5個を超える夏冬通じて日本女子歴代最多を更新していた。

 この日はさらに上積みする7個目のメダルだが、これまで個人種目で金メダルはなかった。3000メートルでも6位入賞し、13日間で今レースが7本目。鉄人ぶりを発揮し、日本チームを引っ張った。

 連覇を狙った15日の500メートルで17位だった小平奈緒(相澤病院)は、前回銀メダルのこの種目で1分15秒66の10位だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集