[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦を「称賛しないとダメ」 メダル以外の価値を元全米女王が強調「頂点にいる」

北京五輪は10日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)8位の羽生結弦(ANA)は合計283.21点とし、4位だった。成功すれば史上初だった4回転アクセル(4A)は惜しくも転倒となったが、ISU公認大会で初めて4回転アクセルとして認定された。その後はさすがの演技を披露した羽生に、かつての全米女王は「ユヅがスケート界にもたらした功績を称賛しなければ」と反応している。

フィギュア男子フリーで4位入賞した羽生結弦【写真:Getty Images】
フィギュア男子フリーで4位入賞した羽生結弦【写真:Getty Images】

羽生結弦が挑んた4回転アクセル、転倒もジャンプとしては認定

 北京五輪は10日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)8位の羽生結弦(ANA)は合計283.21点とし、4位だった。成功すれば史上初だった4回転アクセル(4A)は惜しくも転倒となったが、ISU公認大会で初めて4回転アクセルとして認定された。その後はさすがの演技を披露した羽生に、かつての全米女王は「ユヅがスケート界にもたらした功績を称賛しなければ」と反応している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 世界が注目した冒頭の4回転アクセル。羽生は勢いよく飛び上がったが、惜しくも転倒。続く4回転サルコーも着氷できなかったが、ここから圧巻の演技で魅了。得点を待つキス・アンド・クライでは「ありがとうございました!」と深々と一礼。インタビューでは「全部、出し切ったっていうのが正直な気持ち」などと語った。

 成功はならなかったものの、ジャンプとしてはISU公認大会で初めて4回転アクセルと認定された。14年ソチ五輪団体銅メダリストで全米選手権を3度制したアシュリー・ワグナーさんは、羽生の演技後にツイッターを更新。「スケート史におけるなんという瞬間でしょう。ユヅが男子スケート界にもたらした功績を称賛しなければいけません」と強調し、「彼は4回転ジャンプへの挑戦をここまで牽引し、常に頂点であり続けたのだから」と感激の様子で記した。

 またカナダのクリケットクラブで同門だった元カナダ王者ナム・グエンは「それでも本当にいい演技だった! 常に僕らのインスピレーションだよ」と称えた。注目を集めた羽生の挑戦は、海外でも確実に評価されている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集