[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高梨沙羅、ビッグジャンプで北京五輪に弾み 2年4か月ぶり“異例出場”の下部大会で連勝

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が、2月4日開幕の北京五輪前にビッグジャンプを見せた。

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅【写真:Getty Images】
ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅【写真:Getty Images】

2本目は最長不倒の136メートルで圧勝、次戦W杯は回避の見込み

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が、2月4日開幕の北京五輪前にビッグジャンプを見せた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 1月22日にオーストリア・インスブルックで開催されたコンチネンタルカップ(ヒルサイズ=HS128メートル)に出場。初日に続く優勝を飾り、五輪に向けて順調な仕上がりをアピールした。

 ワールドカップ(W杯)よりグレードが下のコンチネンタルカップに高梨が出場するのは2019年9月以来、2年4か月ぶり。2本目は最長不倒の136メートルを飛び、合計257.2点で2位以下に大差をつけて圧勝した。ゲートは2本とも最も低い16番ゲートだった。他の日本勢は勢藤優花(北海道ハイテクAC)の11位が最高だった。

 1日にスロベニアで行われたW杯個人第9戦で今季初優勝を飾った高梨は、新型コロナウイルスの影響で日本で予定されていたW杯が中止になったことから、他の代表メンバーとともに欧州に残って調整していた。五輪まで期間が空くため、異例のコンチネンタルカップ出場となったが、最高の形で五輪へ弾みをつけた。

 次戦のW杯は28日よりドイツのビリンゲンで行われるが、HS147メートルとジャンプ台が大きいため、回避の見込みだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集