[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依、涙の四大陸Vに海外メディアも拍手「彼女に魅せられてきたのは幸せなこと」

フィギュアスケートの四大陸選手権(エストニア・タリン)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が145.41点、合計218.03点を記録し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。体調不良による休養を挟んで掴んだ涙の国際舞台V。海外メディアも称賛している。

四大陸選手権で5年ぶり2度目の優勝を飾った三原舞依【写真:AP】
四大陸選手権で5年ぶり2度目の優勝を飾った三原舞依【写真:AP】

5年ぶり2度目の優勝「ミハラは彼女の持つ全てとイメージを演技に込めた」

 フィギュアスケートの四大陸選手権(エストニア・タリン)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が145.41点、合計218.03点を記録し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。体調不良による休養を挟んで掴んだ涙の国際舞台V。海外メディアも称賛している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 祈るように見つめたキスアンドクライ。得点が表示されると、三原の感情が爆発した。あふれ出る涙。フリー145.41点、合計218.03点は自己ベスト。冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループから気合いのこもった4分間を演じ、5年ぶりとなる優勝に。12月の全日本選手権で表彰台を逃し、北京五輪代表から漏れたが、心は折れなかった。

 演技直後、海外から多くの称賛の声が上がった。国際スケート連盟公式ツイッターは「マイ・ミハラが素晴らしいパフォーマンスで四大陸選手権優勝」と世界のファンに速報し、ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターはこう表現した。

「葉に落ちる雨の雫。そして、翼を広げて舞い、スピンする魅惑の妖精。マイ・ミハラは彼女の持つ全てと生み出すイメージを演技に込めた。そんな彼女をずっと追い続け、魅せられてきたというのは幸せなことなのです」「妖精が黄金に。マイ・ミハラが再び四大陸チャンピオンに。彼女はタリンで何を望んだのだろう? 日本選手権での悔しさ、苦しさを晴らすことだ」

 体調不良による休養を挟み、国際大会表彰台の真ん中に帰ってきた三原に拍手を送った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集