[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア紀平梨花、欠場の理由になった「右足関節骨軟骨損傷」とは? 専門家が解説

29日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダを欠場する紀平梨花(トヨタ自動車)。欠場の理由となった右足関節骨軟骨損傷はどんな故障なのか。トップアスリートの専属トレーナーを務める芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

紀平はGPシリーズ・スケートカナダを欠場

 29日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダを欠場する紀平梨花(トヨタ自動車)。欠場の理由となった右足関節骨軟骨損傷はどんな故障なのか。トップアスリートの専属トレーナーを務める芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院の新盛淳司院長が解説してくれた。

 ◇ ◇ ◇

 紀平選手の足関節の骨軟骨損傷ですが、足首のねんざを合併したり、日々のトレーニングの繰り返しで、過度にストレスがかかることで起こると考えられます。

 軟骨は骨の周りをコーティングするように存在し、骨と骨の摩擦を減らしたり、体重を支えるためのクッションの役割があります。体重を支える足首や膝の関節の軟骨は損傷するケースが多い箇所でもあります。

 紀平選手は右足首を7月に捻挫したと報じられています。足首ねんざ後、2か月以上痛みが残る場合は注意が必要です。レントゲンでは軟骨の損傷は発見されにくいので、長期間痛みが残る場合は整形外科でMRIによる診察が必要になります。

 足首をねんざして、その痛みが靭帯なのか軟骨なのかは、押した時の痛む場所である程度推測し、疑わしい場合は整形外科にてMRIなどの診察をお勧めしています。

 軟骨の治療ですが、これは本当に難しい。まずは足首に負担のかからないように固定をしたり運動負荷を調整する保存療法を行います。筋力が低下し過ぎないように筋力トレーニングや、可動域を低下させないようにリハビリを行います。PRP療法(多血小板血漿療法)という、軟骨の再生医療を行う選手もいます。

1 2

新盛 淳司

芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院院長

柔道整復師、鍼灸師

新浦安しんもり整骨院入船院、新浦安しんもり整骨院今川院代表も務める。関節ニュートラル整体普及協会会員。サッカー元日本代表MF中村俊輔をセルティック時代から支える。関東リーグブリオベッカ浦安のチーフトレーナーも務めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集