[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元五輪ランナーからの直筆メッセージ 宮古の子供たちが遠隔指導から学んだこと

陸上のアテネオリンピック1600メートルリレー代表で4位入賞した伊藤友広氏が16日、岩手県宮古市にある宮古運動公園陸上競技場で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。2018年4月から始まった1年間のかけっこ指導は、この日いよいよ成果発表。全員が50メートルの測定タイムを縮めるという素晴らしい成果を出した。

アテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏が「東北『夢』応援プログラム」に出演【写真:編集部】
アテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏が「東北『夢』応援プログラム」に出演【写真:編集部】

「東北『夢』応援プログラム」で走り方を約480キロの遠隔指導

 陸上のアテネオリンピック1600メートルリレー代表で4位入賞した伊藤友広氏が16日、岩手県宮古市にある宮古運動公園陸上競技場で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。2018年4月から始まった1年間のかけっこ指導は、この日いよいよ成果発表。全員が50メートルの測定タイムを縮めるという素晴らしい成果を出した。

 卒業シーズン真っ盛りの3月下旬。青空ながら冷たい浜風が吹く南三陸で、子供たちが元気いっぱいにトラックを駆け抜けた。1年間のかけっこ指導も、この日で一区切りを迎える。今回参加した生徒のうち3人は6年生。伊藤氏直筆のメッセージが入った修了証をもらう姿は、まさに卒業式だった。

 昨年10月から5か月ぶりの再会だったが、伊藤氏と子供たちの間に壁はない。約480キロある宮古と東京の距離を一気に縮めたのが、スマートフォンやタブレットを使った遠隔指導ツール「スマートコーチ」だ。「夢応援マイスター」を務める伊藤氏は、子供たちから送られてきた練習動画を添削したり、自習課題を与えたり、毎月インタラクティブなやりとりを重ねてきた。

 伊藤氏が姿を表すと、登場を待ちわびる子供たちの表情にパッと光が差した。速く走るために大事なことは、地面に対してしっかり力を伝える「姿勢」だと再確認。その後、これまで行った練習の中から「片足バランス」、「ケンケン」、「もも上げからのダッシュ」について、その要点をおさらいした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集